「初めての歌舞伎を楽しもう」munakatayoko’s blog

すばらしき日本の芸能、歌舞伎。初心者にわかりやすく説明します♪

喜撰/棒しばり

一昨日シネマ歌舞伎 喜撰/棒しばりを観てきました。
いつものように
「面白うて、やがて哀しき勘三郎」でした(´;ω;`)

そして三津五郎勘三郎が亡くなったとき
「体の半分もぎ取られたようだ」(人生の半分って記事には書いてあったけど、記憶では体って言っていたようなきがする。どっちだったかな)とその悲しみを表現しましたが、文字通りその8ヶ月後に癌が発覚、1年半後に亡くなってしまいました。かなしい。

そんな三津五郎さんと勘三郎さんの魅力がいっぱい。

 

ようこそ歌舞伎へ「坂東三津五郎」 2/4 | 歌舞伎美人(かぶきびと)


こちらは、喜撰が上演されたときの歌舞伎美人のインタビューなので、作品そのものの解説もさりながら、三津五郎さんの思いもたっぷり、どこの部分がむずかしいのか、どんなふうに上達してきたのかといったことも語られていて、必見です。

 

「お坊さんは、上半身が男で下半身が女で踊るのが口伝です。軽妙な振りをこなさなくてはならないのですが、がに股にもできませんし、歩幅が大きいと品がなくなります。軽さ、まろやかさを感じていただくには、体を酷使しないと表現できません。人間の身体は、下半身がしっかりしていないと上半身は柔らかく動かないものなんですよ」

 

 さらに

「最初は硬かったと思いますが、段々に頭で考えて体を動かすのではなく、自然に清元と長唄の曲に乗って体が動くようになってきました。計算を超越して曲に体をゆだねる――。いい曲だなと思いながら踊っている瞬間が増えてきましたね」

 

とても楽しそうに語っている三津五郎丈。これは、このシネマ歌舞伎が上演されたこれからわずかな年月でなくなってしまって、とても残念です。

しかし、映像は残りました。100回以上踊って、楽しめる境地で踊っている三津五郎丈の映像が残ったことは、本当に不幸中の幸いでした。

 

いつまでも悲しんでいてはいけませんね。

喜撰の中では後半たくさんの所化が出てくるのですが、これが今活躍中の若手がいっぱい。その中には、三津五郎丈の息子巳之助くんもいました。しっかりと父親の芸を継承していつの日か、この踊りを踊って欲しいものです。

今回のシネマ歌舞伎を見た人も、これからの人もぜひ読んでみてください。

最後まで読んでると、また悲しくなっちゃうけれど。

三津五郎さん、勘三郎さんとよく飲み歩いていた彌十郎さんは、シネマの棒しばりにも出ていますが、今月は修禅寺物語でがんばっておられますね。お二人の分までがんばってほしいです。

 

 

 

【あらすじと見所】本日放映、 古典芸能への招待 歌舞伎「魚屋宗五郎」。見ちゃいけない人もいるぞ!

こんにちは!ヽ(・∀・)ノ宗像陽子です。

本日、Eテレ21:00~23:00まで。
古典芸能への招待 歌舞伎「魚屋宗五郎」/創作舞踊「にっぽん まつりの四季」
古典芸能への招待 - NHK

とても面白いので、ぜひ多くの人に観ていただきたいです♪

ただ、この演目を決して観てはいけないひとがいるのでご注意です!

「魚屋宗五郎」を決して観てはいけない人。それは、

現在アル中で治療中の人・及びその家族、酔っ払いにひどい目にあってトラウマがある人 などです。
家族だったら「なんで、今まで禁酒していたのに、そこで飲ませちゃうわけ!?」ってマジで腹がたってしまうかもしれません。
アル中で禁酒中の人だったら、間違いなく飲みたくなります。

酒好きの人ならOK! ちなみに私はめっちゃ好きなので、もう観てて笑ってしまいます。

菊五郎が素晴らしすぎて、泣けます。

魚屋宗五郎
原作 河竹黙阿弥

【出演】
◎魚屋宗五郎 菊五郎 酒乱のため現在禁酒中。ふだんはまじめで温厚な魚屋。殿様の屋敷に奉公に出た妹お蔦が不慮の死をとげる。

◎宗五郎女房おはま 時蔵 宗五郎の妻。
◎おなぎ 梅枝 宗五郎の妹お蔦の死の真相を告げに来る。
◎酒屋丁稚 寺嶋眞秀 お酒を届けに来る。

岩上典蔵 市蔵 お蔦に横恋慕、さらに御家横領の悪巧みまで画策中。
磯部主計之助 松緑 お蔦を囲っていた殿様。


【あらすじ】
魚屋を営む宗五郎の家が暗く沈んでいるのは、宗五郎の妹が、奉公先で、若者と不義を働き手討ちになったというニュースがきたため。
一家は悲嘆にくれるが、宗五郎は「理由があって手討ちになったのであれば仕方がない」と堪えている。→シラフだととても思慮分別のあるオトナな男なのだ。

そこに、妹お蔦の同僚おなぎがやってきて、お蔦が殿様に手討ちにあった真相について語る。

当初聞いていたのは「浦戸紋三郎と不義」ということだったのに、実はそうではなかった。
お蔦に横恋慕をしていた岩上典蔵が、お蔦を無理やり口説き、その窮地を浦戸紋三郎が救ったことで、岩上が両人を恨む。その上、岩上は御家横領を企んでいた密談をお蔦に聞かれてしまったこともあり、紋三郎とお蔦のスキャンダルを言い立てた。

そのため、お殿様磯部主計之助が怒って、お蔦を手討ちにしたというのだ。

さあ、その話を聞いた宗五郎、怒りに震えてどうしようもない。

おなぎが持たせた来た酒(この酒を届けに来る丁稚が眞秀くん)を飲まずにはいられない。

グングングビグビお酒を飲み続け、ついに酒樽は空っぽに!

お屋敷に行ってくるという宗五郎。とめる女房や若い衆。
えーい、うるせーと、酒樽をブンブン振り回して、ヨロヨロとお屋敷へ。

お屋敷に行って大暴れして、挙句の果てにグーグーと寝てしまう宗五郎。


最後の場面では、酔いが覚めて、またおとなしくなって面目なくショボちんとなっている。
お手打ちにされることも覚悟するが、殿様の方が詫びてくれ、しかも岩上典蔵を成敗することを約束してくれ、お見舞い金をもらって、ほっとする

というお話。荒すぎるかしら。

【見所】

【その1】
菊五郎ならではの名演。この人でなければ!の当たり役です。

酔っ払っていく過程がうまい。酔うに従って、鬘も変えているんですよ。

三味線のチャンカチャンカという調べに乗って、クイクイ飲んでいくところ、もう酒好きならたまりません。

酔うほどに性格が変わっていくところも見所です。

最初は思慮深く温厚なのに、お酒を飲んだらベランメエになって、酒樽を持って大暴れ。

うわ~~っと周りは止めたり、逃げたり、大騒ぎです。

酒癖の悪い人、あなたの周りにもいますよねえ。笑。

それは誰ですか? 親きょうだいですか?上司ですか?友達ですか?それともあなたですか?

迷惑ですけれど、どうも憎めませんね。江戸の昔も今も変わらないなあと思うと笑っちゃいます。

【その2】


かわいい眞秀くん(寺島しのぶ長男)が酒屋の小僧として出ていますよ。とってーもかわいいです。
投げキッスなんてしませんが、きちんとお役を演じています。

 

今晩9時はEテレで。10時半くらいまでの予定です。

 

ではでは~。

坂東彌十郎さんインタビュー記事アップしました

6月にインタビューした坂東彌十郎さんの記事を「大人未来」サイトでアップしました。

第14回 坂東彌十郎(歌舞伎俳優) 脇役に人生あり。与えられたお役に真摯に向かい、より高みを目指す|大人未来 オトナが語る大人未来のメディアサイト

 

平成中村座に出演中だったのですが、気さくに対応していただき、芸に対する真摯な態度、あくなき探究心に感銘を受けました。
その上で、8月の追善興行に対する想い、ヨーロッパ歌舞伎に対する夢、新悟さんに対する親心などなど
きちんと話してくださって、本当に感激いたしました。

その時のブログはこちら

坂東彌十郎さんインタビュー&名古屋平成中村座へ - 「初めての歌舞伎を楽しもう」munakatayoko’s blog



記事もぜひ読んでくださいね。


 

市川海老蔵は、愛に溢れ芸に真摯な「スーパーヒーロー」なのか?

最近話題の海老蔵さんですが、あまり歌舞伎を知らない人にとっては、

そもそも海老蔵って、どんな人なのよ。という疑問が沸くようです。

ブログで弱音を吐きつつ、7月の歌舞伎座では昼の部、夜の部で大奮闘です。

 

しかし、ブログしか読まないでいると、弱音をたくさん吐いているので、大丈夫?と言いたくなる人もいるようで。

なんと、「海老蔵 欝」説まで出回っており、検索ワードに入っておりました。これにはビックリ。

欝かどうか精神科の医者にコメントを取りに行く暇があるのなら、舞台を見に行けばいいのに…。

 

というわけで、海老蔵さんがどういう人か書いた記事がこちらです。

 

市川海老蔵は、愛に溢れる芸に真摯な「スーパーヒーロー」なのか?
https://citrus-net.jp/article/32398

 

それにしても、今日のブログも悲しみに溢れておりました。

 

「16日たって、こうなるのか」と書いていますが、愛する人が亡くなった時って、もっともっともっとずーーーっと長いあいだ辛い時間が続くんですよね。

何年も何年も悲しみは続くわけで、彼はどう乗り越えていくのかな。。

悲しみを癒す方法はいろいろ人によって違うのでしょうが、海老蔵さんはブログに吐き出し、芝居に全力投球することがその方法なんでしょう。。

他人がとやかく言うことじゃありませんね。。

 

たくさん泣いて、ますます歌舞伎に精進してくださいまし。

 

 

 

 

 

「能と歌舞伎」までARの時代。これってやりすぎなの?

「能と歌舞伎」までARの時代。これってやりすぎなの?という記事をアップしました。
https://citrus-net.jp/article/32092

 

能や歌舞伎もますます面白く、楽しめる時代になっています。

今回、この記事を書くために、以前録画しておいて見ずにいた超歌舞伎「花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)」を観たんですよね。

 

面白かった。

歌舞伎通とニコニコ動画通の人のコメントの応酬が面白かったヽ(・∀・)ノ

 

f:id:munakatayoko:20170705222654j:plain




 

小林麻央さんについて思うこと、あれこれ。

小林麻央さんが亡くなった。心よりお悔やみ申し上げます。

 

私は、麻央さんのブログをずっと追っていたけれど、それには、ワケがある。

 

海老蔵のファンだからではない。

私の姪っ子とほぼ同じような状態だったからだ。治療法とか経過は違うけれど、年齢も子供の年もほぼ同じ。すごく美人だったのに、ちょっと顔がむくんできたり目の周りが黒ずんで来た最近の顔はゾッとするほど姪っ子に似ていた。姪っ子は2年前の今日、幼子を二人残して亡くなった。

 

だから、麻央さんのブログを読んでいてその日がもう遠くないのはわかっていた。

 

私は、歌舞伎が好きであるが、がん患者の家族でもあった。

 

★多くの人は「海老蔵の奥さん亡くなってかわいそう。小さい子残してかわいそう」と感じるだろう。でもそれだけではない。

 

★麻央さんのブログは多くのがん患者とそれを支える家族に強い支えになったと思う。多くのコメントがそれを物語る。癌を公表し、その後ありのままの治療法とか今の気持ちなどを公表していったことは、ありえないほどとても勇気のいることで、私は後世に残る記録として「アンネの日記」に匹敵するくらい価値のあるブログだと思っている。

 

多くの癌患者と家族が、悩み、泣き、迷いながらたくさんの選択肢から進むべき道を選ぶ。それがその人に合っているかどうかは、誰にもわからないし、正解はない。だから麻央さんも何度もブログの中で「こんなやりかたがありました。これをやってみたら調子がよいです。でも誰にでも良いわけではありません」と書いている。

癌患者さんとの交流をすることで自らも勇気を得て、力をもらって、歩んできたのだ。力尽きてしまったけれど、それは決して無駄ではない。

支えた家族の努力も無駄ではないのだ。それを教えてくれる。ブログを読んでいれば、それがわかる。

私も姪っ子に関していえば、後悔しかない。姪っ子は、麻央さんみたいにブログを書いて、多くの人に影響を与えることはなかった。ひっそり悩んでひっそり死んだ。それでも、多分濃い人生だったと思う。伴侶を得て、二人の宝物を得て、一生懸命生きたのだから。

 

★その一方で、小林麻央さんは歌舞伎俳優市川海老蔵の妻だった。俳優というのは、あまりプライベートを公表しないものだ。それは、特に悲しいことを公表してしまえば、演技の裏にそれがチラチラ見えてしまうからだ。本人がちゃんと演技しているかどうかは別に、観客の方が暗さを見てしまう。実際、2月の「どんつく」での海老蔵の演技に「ここはもっと明るい方がいいのに、暗すぎる」と先入観をもって感じてしまっていた。それは、俳優にとってあまりいいことではないだろう。

 

★歌舞伎役者の妻という位置づけでのみ、麻央さんを見ればあまりいい妻とは言えないだろう。悲劇的イメージを海老蔵に与え、亡くなった翌日にはもう会見だのなんだの悲しみに浸る間もない。夫は芸に精進することもできない。梨園の妻としての役目を果たすこともできない。

 

★けれども、麻央さんの存在価値は、「海老蔵の妻」という範疇を超えている。そこを、海老蔵自身も気づいていないし、ましてやマスコミも気づいていないのではないか。

 

海老蔵は、プライベートは別として、本業に専念してよいのではないか。

海老蔵は今日の会見を「多くの応援していてくれた方々のためにやってもいいのかな?自分としては、亡くなりましたということを報告するしかありませんが」と言っていた。マスコミは、「海老蔵の妻」としか麻央さんを見ていないけれど、麻央さんはその範疇を超えた存在となっているのに、そのスポークスマンを海老蔵ひとりに背負わせるのは酷のような気がする。

 

★麻央については、●●から話します。私は芸に専念します。でよくないか?マスコミがそれを許さないのだろうか。酷だと思う。

 

NHKの7時のニュースでトップで麻央さんのニュースが9分近く流れたと聞いた。それはさすがにおかしくないか。いくらなんでもおかしくないか。ワイドショーに任せておけばよいのではないか。

 

★姪っ子は、2年前の今日亡くなった。見守る人もなく朝ひっそり亡くなった。本当に悲しいことだ。大好きなメロンを家族に送って冥福を祈る。

春風亭一之輔 夏の毒炎会2017 

昨日は、夜は「春風亭一之輔・夏の毒炎会2017」を聞きに、国立劇場小劇場に行ってきました!

f:id:munakatayoko:20170622235937j:plain



昼間は一幕見ツアー。その後「骨折り損のくたびれもうけじゃ~~ん」的な心折れる事案が発生し、夜はこれ。

私にしてはかなりハードな1日となりましたが、毒炎会、かなりおもしろかったので疲れも吹っ飛びました!

こちらは無料の上演会。応募したら当たったのです。テレビに放映するというので、
テレビに映っちゃうなら、きれいな格好の方が良いのだろうか。
いつ放映なのだろうか。
今日だったらどうしようか。

などつらつらと考えて行ったんですが、上映されるのはCSチャンネルで、「この放映が見られるCSスカパーに今日加入すれば無料!」っつう話でした。なんだ、そういうことか。

 

見る人あまりいそうもないな。

7時から9時過ぎまで2時間一之輔師匠がしゃべりっぱなしということはなく、こんな感じ。

f:id:munakatayoko:20170622234601j:plain

▲雪之介の上が空欄(笑)。「太神楽」って書くの忘れちゃったんだな。


前座は、期待していなかったけどすごく面白かったです。古今亭駒次の「鉄道戦国絵巻」
もうドッカンドッカン観客も受けまくりで、私も「あっはっは!」と大いに笑いました。

となりは、落語が始まるまで「ちょっと悩んでいるんだよね」風な細めの女性と

「気にするなって。私、占いに行って結構スッキリしたの!今の自分を受け入れることが大事~?」みたいな慰めにならんような慰めをしている太めの女性がずっと抑揚のないお話をしていて、
面白そうで面白くなかったのですが、落語が始まったら大笑いしていました。

それで休憩時間に悩みの続きを話しているのが、ある意味すごいな!と思いました。

左のとなりのとなりは、浴衣を着こなした女性でしたが、この方の笑い方がとにかくすごくて、「あ~はっはっはっはあ!」とお腹を抱えて楽しそうで、その様子を聞いているだけでこちらも楽しくなってしまうほど。

私自身、大いに笑ってじつに気持ちがよかった。

鉄道戦国絵巻というのは、非道なJRに奪われそうな東横線が、周囲の私鉄に協力を得てJRと戦国時代よろしく戦うという新作落語
東京でしか受けないだろうと思われるのが気の毒なくらい面白かったです。

駒次鉄道|鉄道好きな落語家、古今亭駒次のwebサイト

鉄ちゃん落語家として頑張っているんですね!

一之輔師匠は、「鰻の幇間
鰻の幇間は、あれでいいのかな?幇間が最初は幇間っぽいけれど、最後の方は幇間っぽさがなくなっていて、ちょっと誰だろうってな感じになっていたような気がします。

仲入り後は、柳貴家雪之介の太神楽。背の高いイケメンのお兄さん。太神楽って、染之助師匠がやっているみたいなお皿を回したりする芸ですが、あれめっちゃすごいですよね。

昔から思っているけれどサラッとやっているけどすごくむずかしいですよね。
落としたりしないか、ハラハラドキドキしながら見守りました。包丁とか3つ重ねてクルクル皿を回したりするんですよ。回っている包丁ってきれいですけれど。

なんで始めたの?どのくらい練習しているの?どのくらい練習すればできるようになるの?なんで?なんで?なんで?とたくさん聞きたくて頭のなかいっぱいです。


最後は「らくだ」。「らくだ」の方が面白かったな。落語でももちろん、歌舞伎でも「らくだ」は何度も見ていてよく知っていることもありますが、丁寧な話しっぷり。


それにしても、どうして酔っ払いってああおもしろいんだろう。ホント、だんだん酔っ払っていく様が、亡くなった父にそっくりなんです。

てまあ、酔っ払いってのがそういうもんなんでしょうね。

みんなに嫌われて、どうしようもねえ馬鹿で乱暴ものの「らくだ」。

死んじまってああよかった!とみんなに言われてしまう「らくだ」。
こんなやつもいるんだねと思うと、「正しくあらねば」と日々真面目に生きようとしながら全然そうなれない自分も「まあいいか。らくだよりマシだわ。死んだら誰かひとりくらい泣いてくれるだろ」なんて気持ちにもなりまさあね。

最後に一之輔師匠!

歌舞伎の悪口言わないでほしいな。(´・ω・`)


らくだもそうだけれど、歌舞伎と落語は同じ伝統芸能として通じる演目も精神もいっぱいあるんだ。昨日の観客の中で歌舞伎を見たことのない人が「そうか、師匠がそんなに言うなら、歌舞伎なんて見るのはやめよう」と思ったらどうするんだ。

なんて思ったけれど、「そういうのが「真面目馬鹿」って言うんだよ!馬ー鹿!」と一之輔師匠に言われそう(^_^;)

ちなみにどんな悪口を言っていたかというと
「歌舞伎なんざ、真っ白く塗ったくって化粧して、大道具、小道具、大仰にやりやがって、こちとら落語は、扇子一丁、すっぴんで勝負しているんでえい」とかその程度です。はい(^_^;)

そういえば、神田松之丞さんも似たようなこと言っていたなあ。

歌舞伎って、そんな風に揶揄されるものなのかな?
仲良くやっとくれよ。頼むよ!

と思った真面目馬鹿なむなかたでした。