「初めての歌舞伎を楽しもう」munakatayoko’s blog

すばらしき日本の芸能、歌舞伎。初心者にわかりやすく説明します♪

今月の振り返り

2024年3月の振り返り

今月もあっという間に去っていきました。 歌舞伎座の昼の部夜の部、充実していましたね。 やはり人間国宝が偉大で、その存在感たるや。 今月は昼の部に東蔵、菊五郎、夜の部に仁左衛門と要所要所で舞台を締めてくれました。 本当にありがたいことです。 歌舞…

2024年2月の振り返り

「2月は逃げる。3月は去る」と言いますが、本当ですねえ。あっという間に過ぎ去りました。 『野崎村』鶴松のお光に泣かされた 『釣女』 『籠釣瓶』哀れな八ツ橋、狂気の次郎左衛門に中村兄弟新境地 『猿若江戸初櫓』図らずもダブルキャストとなった 「すしや…

2023年12月の振り返り~充実!バラエティ豊かな構成で楽しめた

今月の歌舞伎座はどれもよかったのですが、演目自体だけではなく、演目の構成がバラエティに富んでてとても良かったと思います。 革命的新作歌舞伎『超歌舞伎』には、小学生、若い子、お年寄り、老若男女というだけではなく、幅広い趣味(?)の層が集まって…

11月の振り返り

なんともう11月。ひと月が過ぎるのが早すぎて追いつきません! 歌舞伎座昼の部、夜の部。充実していました。 昼の部 munakatayoko.hatenablog.com munakatayoko.hatenablog.com munakatayoko.hatenablog.com 夜の部 munakatayoko.hatenablog.com 鎌倉三代記…

10月の振り返り 悲しいこと寂しいことうれしいことなどなど

10月をまとめると、やっぱり一番のトピックは国立劇場の閉場だろうか。 歌舞伎はよかったけれど、閉場はいかん。 どうしても納得できないのだ… munakatayoko.hatenablog.com しつこく言う munakatayoko.hatenablog.com しつこくしつこく言う munakatayoko.ha…

9月の振り返り 何と言っても秀山祭

暑い暑い夏でした。「暑さ寒さも彼岸まで」。その後は暑いと言ってもやはり秋の暑さという感じ。空は高く、風はさわやかです。(俳優祭の日は暑かったけれど。あれは歌舞伎ファンの熱気だったのか?) 秀山祭。吉右衛門三周忌 猿翁の死 備忘録 秀山祭。吉右…

2023年7月の振り返り

7月は、しょっぱなが巡業東コース。 歌舞伎座昼夜通しで。 大阪松竹座。 munakatayoko.hatenablog.com munakatayoko.hatenablog.com 京鹿子娘道成寺と俊寛について書けていない涙 7月の〆が刀剣乱舞と大変充実した月だった。 munakatayoko.hatenablog.com 特…

今月の振り返り(2023年6月)

ああ、もう今年も半分終わってしまいました。皆さんは充実して日々お過ごしでしょうか。私はなんだか毎日飛ぶように過ぎていくので、時に置いていかれそうな気持で日々過ごしています。 今月は、歌舞伎座のパスポートを購入。何度も観ることができて大変有意…

5月のふりかえり

今月はしんどかった。楽しい旅行に始まったが、18日に前代未聞の事件が起こり、そこからはもう脳みそ半分そちらに取られてしまった。(ただでさえ少ない脳みそなのに) 呆然としてしまい、しばらく仕事が手につかず。 どれくらい呆然としていたかというと、…

4月の振り返り

4月の歌舞伎は、歌舞伎座と明治座に行くことができた。 圧巻だったのは歌舞伎座夜の部。にざ玉の切られ与三と松緑・左近親子の連獅子だ。 明治座の絵本合法衢は、前半乗り切れず、いまいちだったが後半はよくなった。良くなったと言っても、実は前回ほどの感…

3月の振り返り

今月は、国立劇場のパスポートを活用して、歌舞伎5回、能2回観ることができた。国立劇場のパスポートは、あぜくら会会員のみだったと思うが、15000円でなんでも見放題(なんでもではないが、かなり多くのモノを観ることができる)ものだったので、躊躇せず…

2月の振り返り(2023年)

歌舞伎座 文楽 錣の会主催 素浄瑠璃の会 木ノ下歌舞伎 「桜姫東文章」 映画 エゴイスト 歌舞伎座 2月の歌舞伎座は、どれも素晴らしかった。 観劇パスポート買って、できうる限り行ってきた。 1部の三人吉三は、中堅(50歳愛之助、39歳七之助、48歳松緑)の…

1月の振り返り

めでたく今年もあけた。 東京では、歌舞伎座、浅草公会堂、国立劇場、新橋演舞場がそれぞれ幕を開け、千穐楽を迎えることができた。国立劇場は、2日目からバタバタと休演者が現れて、ハラハラさせられたがなんとか持ちこたえた。 3年ぶりの浅草。完売とな…

12月の振り返り

実に充実した12月だった。世の中はコロナが増えているが、私は11月より体調もよく過ごすことができた。 團十郎襲名興行が無事に千穐楽を迎えることができてよかった。これから地方巡業、どうか無事に全国をまわれますように。 今月 南座、1部~3部。 歌舞伎…

11月の振り返り

華やかな十三代市川團十郎襲名興行が、楽を迎えられて本当によかった。 途中で休演になった人もいたけれど、休演になることはなかった。12月も引き続き無事を祈りたい。 個人的には、今月は襲名披露興行に文楽遠征とあるにもかかわらず体調が悪く、どうも不…

今月の振り返り

今月はコロナも落ち着き、気候も良く、とても気持ちのいい日々が続いた。 義経千本桜の通し、歌舞伎座、平成中村座、御園座ともに休演になることもなく、初日から千穐楽まで通せたこと、本当によかった。 もうそれに尽きる。 ただちょっとここのところ増えて…

9月の振り返り

歌舞伎座は、7月8月がコロナに振り回されててんやわんやだったが9月はほぼメンバーも変わらず初日から千穐楽まで上演できたこと、本当に大変よかった。 9月は秀山祭。観劇パスポートで満喫させていただいた. 10公演見ることができた。喜び…。感謝…。 観劇パ…

8月の振り返り

もう胸がいっぱい! 歌舞伎座では7月に続き8月も休演が相次ぎました。しかし7月と違い、すぐに代役をたててなるべく休演日を減らし、できうる限り幕を開けるという方向に楫を切ったようでした。観客も元気をもらいました。ありがとう。 観劇の記録 個人的な…

7月の振り返り~コロナとの戦い

暑い。 今月は、中盤以降にいきなりコロナが急増した。なんということだろう、落ち着いていたと思っていたのに。 私は毎日記録をつけているのだけれど、 6月下旬に国内1万人台だったのが2万人を超えて「?」と思ったのが6月30日。 7月5日36189人 7月6日47977…

今月の振り返り 「挑戦」と「盤石」な手ごたえ

梅雨が明けた!?マジか。7月20日過ぎに3日雷が鳴る日が続いて、パーッと夏空になる…というパターンはもはや思い出の中にしかないのか? それにしても6月中に梅雨明けとは早すぎないか?どんな夏になるのだろう。 今月は各劇場、充実していたなあ。私が行…

5月の振り返り

桜が散って5月。新緑のパワーが盛り上がるように出てくる季節。歌舞伎で5月といえば團菊祭だ。今年は3年ぶりの團菊祭で、新緑のパワーに負けじと盛り上がった。でも舞台は歌舞伎にも文楽にも桜吹雪がいっぱい!な5月だった。 5月の観劇記録 歌舞伎 文楽 …

4月の振り返り

比較的落ち着いた月 月末に飛び込んできたニュースあれこれ 7月ナウシカ。 大向こう問題。 比較的落ち着いた月 春だ。日は明るく、花は色とりどりに美しい!そして、案じられたよりもコロナは下火になり、平和な兆しの春。(しかし、かの国はいまだ平和は訪…

3月の振り返り

2月の終わりから突如、大きな戦争が勃発した。ロシアがウクライナを侵攻したのだ。まさかまさかの連続の日々が続き、いまだに収束の糸口は見えない。 どうか一日も早く平和が戻りますように。 何とか無事に千穐楽 吉右衛門の後を追う人。 菊之助の配信 歌舞…

2月の振り返り

2月はあわただしかった。 見たいものはたくさんあったけれど、 歌舞伎座は、3部が14日から19日まで公演中止。巳之助は23日まで休演。 文楽は、2部と3部が2月5日~12日、1部が6日~13日まで中止。 新派の「有頂天作家」は、2月3日から11日まで中止。 それでも…

1月の振り返り

希望に満ちて2022年が明けた。しかし、みるみるうちにコロナ感染者が増え、また綱渡りのような毎日が始まってしまった。 いつまでかかるのだろうか。12月まで50%の席で上演し、満を持して1月より68%とした歌舞伎座だったのに。こんなに慎重であったのに。 …