「初めての歌舞伎を楽しもう」munakatayoko’s blog

すばらしき日本の芸能、歌舞伎。初心者にわかりやすく説明します♪

七之助を堪能「十六夜清心」 歌舞伎座3部観劇レポ

十六夜清心は、序幕、二幕目、大詰めとガラリとキャラ変するところが面白い。

 

f:id:munakatayoko:20230127190509j:image

序幕は、遊女十六夜に入れ込んだことが発覚し寺を追われる清心と、その清心を追って廓を抜け出す十六夜の出会い。清心を追って暗闇の中やってきた十六夜の草履の鼻緒がつっと切れる。こよりを作って直して歩きだすけれど、また切れてしまう。そのときのふーというため息。好きな男にも会えず、お腹には子どもがいるし、廓を逃げ出したからには帰るところもない、途方にくれてつくため息がなんとも悲しい。

 

その後、清心と出会うことができ、二人は心中を決意、川に飛び込むが清心は泳ぎが得意で生き延びる。

 

清元「梅柳中宵月」に乗っての二人の動きが美しい。

 

そんな序幕は、運命に翻弄される十六夜哀れ、清心哀しみたいな感じなのだが、生き残った清心が求女と出会い、50両奪ったあたりから、おやおやー?

雰囲気が変わってくる。故意ではないとはいえ人を殺めてしまった清心、良心の呵責から自害をしようとするも、お腹をさすっては逡巡、ちょっと突いては「あいててて」。なかなか死ぬこともできないときに、お寺の鐘がゴ~~~ンとなる。

 

「しかし、待てよ…。知ったのは、お月さまと俺ばかり…」と人相がかわり、清心ダークサイドに真っ逆さま。こうなると俄然面白くなる。

 

さて、十六夜は?

 

f:id:munakatayoko:20230127190546j:image

 

溺れかかったところを白蓮に拾われ、こちらも命拾い。二幕目は、白蓮妾宅の場だ。

白蓮に清心のことを話すときの胡弓の音の美しさ、もの悲しさよ。

 

その後、十六夜は剃髪をして白蓮にいとまをもらい家を出るが、箱根の山中で身を持ち崩した清心と劇的な出会い(ここはかかりませんでした)をし、二人でゆすりたかりの悪党コンビ誕生。そして大詰めの場では、かつての恩人のところにゆすりにやってくる。

 

清心 幸四郎

十六夜 七之助

白蓮 梅玉

白蓮の妻お藤 高麗蔵

 

これは、十六夜役者をたっぷりと堪能できる演目だ。

女郎→ 恋する女、七之助

囲い者→ 囲われたものの別れた男を忘れらない影のある女、七之助

剃髪して家を出る→ 美坊主!!っぷり!な七之助

ボサボサ頭→  あばずれっぷり!ゆすりっぷり!もはや、清心さえころがす太いおなご、な七之助

 

というわけで、桜姫もかくやとばかりに変貌していく女、十六夜を見事に演じきれる女方のための演目。。そんな十六夜を演じる七之助を堪能した。

 

一度は姉妹の契りを結んだ白蓮の妻お藤にも、まあいちゃもんつけて、お藤がイライラわなわなしているのをしり目に、プカ~と煙管の煙をくゆらすところなんざ、本当に憎らしくてすてき。

煙管をお藤にねだってぴしゃりと断られると、白蓮にねだって

「毎晩飲んだ昔の煙管、あたしゃ昔を思い出しますよ~~」

だって。お藤、ワナワナ。

 

その後、

「もしもし姐さん、あたしゃ、お前に坊主にされたんだよ~~」とタンカを切る。

 

白蓮が大泥棒とわかった後は、お藤に

「姐さん、いざとなったら(いっしょに)板の間でも稼ぎましょうかねえ」

なんて。

板の間って何かと思って調べたら

「銭湯や温泉などの更衣室でものを盗むこと」ですって。そりゃあ、お藤もカーっと頭に血が上るだろう、と言っても、夫の白蓮さん大泥棒だったわけだが。

 

幸四郎も、美しい坊主清心から、鬼薊の清吉へ。でもなんだか大悪党というより、十六夜の尻の下に敷かれているじゃん?的な小物感も出しつつ、笑いもあり、最後は歌舞伎らしく捕り手につかまり、見得にて、よろしく~。

大変おもしろく観た。

 

概況

初演は1859年(安政6年)2月江戸市村座

作者 河竹黙阿弥

【鑑賞は1月17日】

浅草歌舞伎1部 「引窓」「男女道成寺」 観劇レポ

ピリっとして気持ちのいい寒さの中、浅草へ。(1月20日

f:id:munakatayoko:20230125090632j:image

 

引窓~双蝶々曲輪日記

あらすじ見どころはこちら。

munakatayoko.hatenablog.com

南与兵衛は、父の名前「南方十次兵衛」を名乗ることを許されて刀と十手を拝領して、ウキウキで帰ってくる。仕事に対してもやる気満々で、ご機嫌で帰宅。与兵衛の浮き立つような喜び方には、これで母への親孝行ができるという気持ちもあり、性格の良さがより一層、この後の展開で与兵衛を苦しめることとなる。

 

母お幸も「でかしゃった、でかしゃった」と喜ぶ。妻お早も同様だ。

隼人くん、出世して意気揚々と家に戻ってきたときに、ちょいとちょんまげを整えるしぐさはしなかったなあ。私が見た日は。あれ、かわいいのだけれど。

 

しかし、与兵衛に与えられた新しい任務を聞いてお早とお幸は青ざめる。その任務とは、先ほどお幸の元を訪れたお幸の実子、長五郎を捕縛することだったからだ。

 

ここから張り切る与兵衛と、お早、お幸との間に微妙な空気が流れる。そして手水鉢にうつった長五郎の姿を見て、真実を知る与兵衛、お幸の心根を知って苦悩する与兵衛と進んでいく。

苦悩をするのは、心優しいからこそ。親の気持ちを思いやるからこそ。そんな与兵衛をとてもきちんと演じていた隼人。

指導は、仁左衛門とのこと。真面目に真摯に仁左衛門に指導してもらったことがうかがえるような与兵衛だった。最後、長五郎とハッと見つめ合うところ、きりりと美しく決まった。

 

昨年も仁左衛門にしっかりと指導をしてもらうことが多く、松浦の太鼓などでも長くそばにいて、様々なことを教わったという。

やわらかな雰囲気や品の良さは、あとから取って付けられるものではなく、その良さを生かしてますます精進してほしい。

男女道成寺(めおとどうじょうじ)

先月、菊之助勘九郎の二人道成寺を見た後じゃあ、どうなのかな?と思わぬでもなかったけれど、今回は男女道成寺道成寺の違うバージョンなので、これはこれでとてもよかった。

本家本元の道成寺とは違い、花子と桜子二人の白拍子、実は桜子が狂言師、男だったという設定が男女道成寺だ。京鹿子娘道成寺が人気だったので、いろいろなバージョンが生まれたもの。(二人道成寺もバージョンのひとつ)

新悟はきれいなことは知っていたけれど、どうしてどうして巳之助も美しい!そしてちらちら三津五郎さん(お父様)を感じるところも胸熱。

ちょっとドスドス歩いちゃって、男であることがばれてしまった左近(巳之助)は、照れながら退場、狂言師の衣裳に着替えて、再登場。

毬を操って踊る「毬歌」の部分では、所化がからんで毬を隠されてうろうろしたり、所化も合わせて一緒に踊ったり。三味線と小鼓の軽やかな伴奏に、観客の気分もふわっと上がる。

 

狂言師が引っ込むと、花子登場。振り出し笠で華麗な踊りを見せ、その後所化の総踊りとなり、華やかな衣裳と笠で舞台を盛り上げてくれる。

 

その後はいよいよ恋の手習い。常磐津の詞章に合わせて踊る新悟、色っぽくなりました!そして巳之助は、お福とお大尽のお面を使い分けて、色っぽさと荒っぽさを踊り分け。さらには太鼓持ちまで踊り分け。

腰を入れる、肩を寄せる、内また、蟹股。一瞬一瞬で、女性、男性を踊り分けるのは、大変な技術だなと感じ入る。さすが坂東流家元。

お面での踊り分けをしない振り付けのこともあるので、今回は見どころ満点だった。

 

この日は、大学時代の友人と観劇。

ちょうど私が歌舞伎にご無沙汰をしていたころに彼女はよく見ていたので、話も興味深い。一方、彼女は最近歌舞伎にご無沙汰気味だったので、若手のことはあまり知らず、私が張り切って教えている(笑)。

 

大学時代はぶつかることも多かったけれど、還暦過ぎて仲良く歌舞伎見物とは、感慨深い。二人でお蕎麦を食べて帰る。

久しぶりに観て楽しかったようで、彼女はさっそく2部のチケットを追加したとラインあり。千穐楽を見たとのこと。よかった♪

【1月29日】「仮名手本忠臣蔵七段目」と「藤戸」放映!NHK古典芸能への招待

毎月Eテレで月末に放送されているNHKの「古典芸能への招待」

 

今月末1月29日は、昨年9月、歌舞伎座秀山祭で上演された3部です。

仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場」と「藤戸」です。

 

とてもよかったので、皆様ぜひご覧ください。

 

仮名手本忠臣蔵 祇園一力茶屋の場」は、

大星由良助 仁左衛門

お軽 雀右衛門

平右衛門 海老蔵(当時)

です。まあ由良之助の仁左衛門のすばらしいこと。

あらすじは、こちらで詳しく。秀山祭のときの観劇の感想は書いてなかった!

munakatayoko.hatenablog.com

藤戸はこちら!菊之助又五郎です。

munakatayoko.hatenablog.com

作品の背景からあらすじ、みどころ、感想までガッツリ書いているので、ぜひ読んでいただきたいです。

 

実際の舞台をご覧になった方も多いかと思いますが、最後の揚幕前での悪龍が苦しんで成仏する様は、見えた方は限られるのではないかと思うので(2階3階からは見えないし、1階でも上手側の席だとよく見えなかったのでは?)、今回のテレビ放映楽しみですね。

 

菊之助、昨年は活躍しましたねえ。藤戸が頂点かと思いきや、最後に揚巻がありましたもの。

単に美しさだけではなく、藤戸では吉右衛門の作品に対する思いを継承するという志がはっきりとみられるところが素晴らしいと思います。

皆様もお楽しみに。

 

【銀座ランチ】寿月堂~海苔屋さんが始めたお茶の店~おいしくて落ち着く

歌舞伎座1部が終わってから、寿月堂でお昼を食べました。寿月堂はおいしい!

 

ですが、私のお財布的には「ちょっと高い」。

なので、お友達と一緒だったり、なんとなく特別な時だったりに限られますが、時々行っています。今日は、特別な日でもなかったけれど、年初だし…と言い訳をして行ってきました。

 

結構人気で、歌舞伎観劇の後に行く人も多いので観劇後に行くときは予約をしておいた方がよいです。

 

場所は歌舞伎座ビルの5F。歌舞伎座ギャラリーの横です。庭側の席は屋上テラスが視界に入り気持ちがよいですが、カウンター席も割と落ち着きます。

 

私が今日食べたのは、海苔クリームパスタ。

f:id:munakatayoko:20230114215507j:image

 

これは冬の今頃しかないメニューで、以前食べたときに本当においしくて、それからいつも狙っていたのですが何と3年ぶりになってしまいました。メニューに載っていてもないことも多くて。

 

温かくてクリーミーなパスタに、ほわっと海苔の香りと桜海老の食感がよいのです。ほうれん草も入っていて、見た目もきれい。

左に添えられている海苔をまずは食べて味わい、その後パスタに絡めていただきます。

海苔屋さんが始めたお茶のお店なので、海苔の味は本物。

 

今の時期ならではの限定なので、ぜひ試してみてください。

デザートのフィナンシェもお茶も味わい深いです。

 

このほか、抹茶クリーム白玉ぜんざいとかもとてもおいしいです。

 

大体、私が勧めて食べた人は普通のぜんざいを想像して一口食べて「おっ!」という顔をしますよ。

 

ぜひお試しを。

 

寿月堂歌舞伎座店 歌舞伎座ビル5F

弁天娘女男白浪 ~歌舞伎界をしょって立つ男たちの心意気を見た 歌舞伎座1部感想

1部観てきました♪

初心者にも誰にでもおすすめできる並びでした~。

二つの演目感想を書いておきます。

f:id:munakatayoko:20230116165226j:image

 

卯春歌舞伎草紙~ふりそそぐ紙吹雪に多幸感

f:id:munakatayoko:20230116165255j:image

年明けの歌舞伎座一発目の演目らしく、華やかでにぎやかで、多幸感いっぱい。今年こそいい年でありますように!願わずにはおれません。

 

歌舞伎を始めたのは出雲阿国。京で評判となって出雲の国に戻ってくるとのことで皆が待ちわびています。そこへ、待ってました。出雲阿国が戻ってきて、さらに亡き恋人も現れて。という内容ですから、まずは村人たち。そして一座の面々、出雲阿国、恋人名古屋山三と、次から次へと、美しい絵本のページをめくるように、人々が出てきて踊るので、それはそれは美しい、まさに絵巻物。大勢の役者たちが華麗に踊り、ちらほらと舞い落ちる紙吹雪。

 

特に目をひくのは何といっても出雲阿国七之助猿之助がしっとりと寄り添います。そして一座の若衆、勘九郎愛之助ががっちり脇を固めます。

そして、女歌舞伎、若衆たちが若手を中心にずら~り。

 

2部の壽恵方曽我も華やかでしたが、なんといっても1部の卯春歌舞伎草紙は、出てくる人数がとても多いので、華やかさが一段違いました。

 

弁天娘女男白浪 ~見てくれ俺を!俺たちを!歌舞伎を!の心意気を感じた

f:id:munakatayoko:20230116165311j:image

弁天娘も何度もかかっている演目ですが、近年では一番よかったように思いました~。(個人の感想です)

愛之助のきっぱりとした弁天小僧。そしてそれを受け止める勘九郎の南郷力丸、安心感があってとてもよかった。私は辰之助の南郷力丸がベストなんですが、これを上書きしてくれたかなと思うほど、かっこよくて、安心感があって、愛嬌もあって、すてきな南郷力丸でした。

 

松屋店先では、お定まりの演出で粛々と進み、松之助の番頭もいつもの通りの良さでしたが、今回特にかっこよかったのが鳶頭清次の又五郎っ!

 

鳶頭の清次は、お店付きのボディガードみたいなもので、お店にもめごとがあったときにはでてきて収める役どころ。スッと出てきたところは、ひゃっと声が出るほどかっこよかったですねえ。いかにもスマートに物事収めそうなんだけれど、あんまり法外な値段をふっかけられて本人がカッと頭に血が上ってしまって、収めるどころかますます炎上しそうになって、追い出されるという役どころ(笑)。

 

着物の裾さばきのいなせなこと。物言いの粋なこと。全く又五郎は何をやらせてもうまくてほれぼれします。

 

五人男勢ぞろいで並んだ5人は、本当に今の歌舞伎界を担っている人々で

菊之助愛之助

南郷力丸が勘九郎

忠信利平が猿之助

赤星十三郎が七之助だもの。

 

日本駄衛門が芝翫で、ちょっとおじさまだけれど、とにかくこの並びは強かった。胸熱でした。

なんというか、「俺たちが歌舞伎界をしょって立つ」みたいな矜持、「見てくれ!俺を!俺たちを!これからの歌舞伎を!ドヤっ!」という強烈な意思、オーラがビンビンで、3階から観ていても迫力があり、大丈夫なんだな。と思えたのです。

大丈夫って何が?って話ですが、コロナでも観客が減った時期があっても、何があっても、歌舞伎は大丈夫なんだな。歌舞伎座はいつでも私たちを待っていてくれているんだな。そんな気がしました。

 

早く通しで観たいな~。

 

弁天娘女男白浪 あらすじとみどころはこちら

munakatayoko.hatenablog.com

弁天娘女男白浪 もっとわかるともっと面白い! はこちら!

munakatayoko.hatenablog.com

「壽恵方曽我」「人間万事金世中」観劇レポ~歌舞伎座2部

歌舞伎座2部に行ってきました。初歌舞伎観劇の親戚のM子を連れて行っておもしろかった。

f:id:munakatayoko:20230112084952j:image

 

筋書を見て「これ全部読むのに、1年くらいかかりそう~」

勘亭流の字を見て「うわー。この字、なにー?よめなーい」

「この緞帳は~」というアナウンスを聞いて「くら~~い」

 

知っている歌舞伎役者を聞いてみると

「ほら、なんだっけ。男の子と女の子のいる人」

海老蔵かい」

「そうそう」

「今度團十郎って名前になったんだよ」

「ふーん」

 

筋書を見るうちに、猿之助勘九郎は知っていることにきづいたよう。

 

恵方曽我は、どうかな?退屈しちゃうかな?と思ったけれどイヤホンガイドを聞いて衣裳の解説とかしてくれるから目が離せなかったとのこと、よかった。イヤホンガイドさんありがとう。「え!」とか「ひゃっ!」とか反応していていきなりオペラグラスを覗いていたりして面白かった^_^

 

彼女はバリキャリウーマンなんだけれど、まったく異次元のセカイに触れて、たまげたようで、大変結構でした♪ また誘ってみよう♪

恵方曽我

f:id:munakatayoko:20230112085011j:image

お正月はやっぱり曽我もので華やかに!。お正月にはたいてい「曽我物」と言われる演目が出る。

曽我物とは、曽我十郎五郎の兄弟が、工藤祐経という仇を見つける話で、昨年の大河を見ていたらあれかとわかるかと思い、

(我が家の坪倉が工藤祐経。さくっと殺されました)

「去年、大河見てた?」とM子ちゃんに聞いたら

「全然見てない」と言われたので会話は終了(笑)。

 

史実も含めて寿曽我対面のあらすじはこちら。これがおおもと。

munakatayoko.hatenablog.com

なぜ敵討ちが正月のめでたい演目として定番かというと、曽我兄弟って日本の3大敵討ちのひとつ。荒人神としてまつられたので、曽我兄弟の物語を上演することで新年の悪霊払いとしたから。「曽我対面」がオーソドックスだけれど、しょっちゅうかかる演目なのでいろいろなバージョンが生まれた。今回は舞踊劇。時間も寿曽我対面は50分くらいだから3分の2くらい。出てくる人数も少なめだった。

 

まあ化粧坂少将の雀右衛門の美しいこと。雀右衛門さん、近年どんどん美しくなっているような気がします。秀山祭のおかるもよかったなあ。

人間万事金世中

f:id:munakatayoko:20230112085021j:image

明治時代に黙阿弥の作ったザンギリもの。肩がこらないストーリーでセリフもわかりやすい。強欲なファミリーと純朴な青年。まあシンデレラみたいなお話だ。最後はめでたしめでたし。

強欲な親父が彌十郎。妻おくらが扇雀、娘おしなが虎之介。このファミリーの強欲さがすごくいい。特に虎之介のおしながいい。パーッと明るい呑気な屈託のない若殿とかがいつもぴったりな虎之介なんだけれど、今度も強欲なお嬢さんがはまっていた!

 

おしなは強欲だし、さんざん邪険にしていた林之介にお金が入るととたんにすり寄るような性格の悪いお嬢さんなんだけれど、虎之介が演じると、いやらしさ、粘着性が全くない。あのあっけらかんとした明るい品の良さはなんなのだろう?育ちの良さ?

 

扇雀父さんとは、さすが本物の親子だから息も合っていてポンポンと歯切れのよいセリフ運び。

 

歌舞伎らしい「壽恵方曽我」と、楽しくわかりやすいストーリーの「人間万事金世中」の二つという取り合わせも、初心者向けで良かった。

 

「ひとつめとふたつめの演目が全然ちがっておもしろ~い」とM子ちゃん。

 

そう。歌舞伎にはほかにもまだまだいろいろなジャンルの演目があるのよ。いろいろ見てお気に入りが見つかるといいね! また行きましょう!

傾城反魂香~おとくのカラ元気~浅草新春歌舞伎2部

花道に登場したときに、とても暗い顔をしている又平とおとくです。

 

傾城反魂香のあらすじとみどころはこちら。

munakatayoko.hatenablog.com

 

これは、その前に百姓たちに出会っており、弟弟子である修理之介が見事虎を消すという奇跡を見せ、土佐の名前を頂戴したということを聞いてショックを受けていたためです。

 

このあと、又平とおとくは将監の元を訪れ、挨拶をし、おとくがぺらぺらと明るくおしゃべりをするわけですが、ここの解釈について私は間違っていました。ただ明るい女性というわけではないのです。

「出の前におこったことを夫婦とも知っています。だからこそおとくは、けなげにカラ元気で明るくふるまう。うそであっても明るく勤めると教わった。」と種之助は、新春浅草歌舞伎のプログラムで語っています。

f:id:munakatayoko:20230110000957j:image

 

そうか、そうだったのだ。おとくは、自分も心が沈んでいたが、傍らを見ると又平はもっとしょげかえっている。ここは「さあさあ!」と自分にもはっぱをかけるつもりで「カラ元気を出して」明るくふるまっているのだ。もともと明るい人ではあるけれどね。なるほど。そう思ってみると、もっと深くおとくの愛情を感じることができるようです。今回は種之助、手の先まで神経の行き届くとてもよいおとくでした。

あらすじと見どころについては、追記修正をしました。特に登場人物のところは、芝居に出てない、狩野元信、傾城遠山、銀杏の前についても書き加えてみたので、わかりやすくなったかなと思います。(役者についてはそのままなので、2020年の上演のときのものです)

munakatayoko.hatenablog.com