「初めての歌舞伎を楽しもう」munakatayoko’s blog

すばらしき日本の芸能、歌舞伎。初心者にわかりやすく説明します♪

「門出二人桃太郎」は今からチケットを取れるのか?

さて、1月が終わりました。歌舞伎ファンにとって1月は興奮の坩堝。財布と時間のやりくりを考えつつ、嬉しい悲鳴をあげながらどこへいつ行こうか迷ってしまうのです。

東京の場合、新橋演舞場国立劇場・浅草公会堂、そして歌舞伎座と4つが4つとも
「これは見逃せない!」という出し物ばかりで、正直困りました!

怒涛の1ヶ月が終わり、では2月はホッとできるかといえば、さにあらず。2日から始まった歌舞伎座で、またまたコーフンの出し物があるため、歌舞伎ファンは色めき立っているわけです。

今月人気があるのは、昼の部よりも夜の部です。なぜなら、十八世中村勘三郎の孫にあたるふたりの可愛い坊やが、襲名披露をするからです。

わたしは昨日、観てきました。

 

f:id:munakatayoko:20170204225230j:plain



ふたりの可愛い坊やというのは、勘三郎の息子勘九郎の長男波野七緒八クンと次男哲之クン。二人はそろって、三代目中村勘太郎、二代目中村長三郎を襲名するのです。

初舞台が夜の部の「門出二人桃太郎(かどんでふたりももたろう)」。
これは、30年前に今の勘九郎七之助が同じように初舞台を踏んだ思い出の舞台。さらには昭和34年に祖父勘三郎が初舞台を踏んだのも「桃太郎」でした。すごいことですよね。

f:id:munakatayoko:20170204225538j:plain

f:id:munakatayoko:20170204225602j:plain



肉屋も魚屋も、後継者がいないと嘆く昨今。3代も続けて芸を継ぎ、演目も同じとは一家の並大抵の努力ではないでしょう。

勘九郎七之助にとっては、「自分たちの初舞台の時のオヤジの気持ちがいま痛いほどわかる」という今回の初舞台。親としての喜び、プレッシャー、いかほどのものでしょうか。

観客の思いもまた同じ。
勘三郎さんが見ていたらさぞかし…涙」「勘九郎さんもなんとまあ、立派になったこと涙」と一家の気持ちと一体になって、その初舞台を愛で、ふたりのかわいい桃太郎の一挙手一頭足にハラハラドキドキする1ヶ月となるはずです。

さて、それほどのものなら、じゃあ見ようかと思っても、なかなか今から夜の部のチケットをとるのは難しい状態です。


昨日の時点で、土日はほぼ売り切れ。

けれども平日は1等2等席は空いているところもあるので、お金も暇もある人は今からでも十分チケットを取れます。

その後2月5日時点では、平日もすべて売り切れになっています。テレビ恐るべし!

 

3階席は、平日休日ともにすべて売り切れです。

では一幕見はどうでしょう。
4時半上演の「門出二人桃太郎」の一幕見を見るには、売り出し開始は2時。
初日の行列は12時ころから始まったそうです。まあ気の早い方もいるのですね。
3時半に立ち見もすべて売り切れとなったそうです。
ちなみに、一幕見の立ち見はそれほど辛くないと思います。時間も1時間くらいですし、見晴らしもよいですし、体も動かせてかえって楽かもしれませんよ。

初日は3時半に売り切れとのことでしたが、おそらくこれからどんどん混んでくることが予想されます。昨日はテレビで密着中村家が放映されたこともあり「これはぜひとも見なければ!」と思った人も多いはず。今日明日の土日は、かなりの混雑が予想されます。

千秋楽にむけ、次第に人が増えることも予想されるので、
いくのであれば
「なるべく早い日に」
「販売開始の30分ほど前に」
「少なくとも販売開始の2時前には」
チケット売り場に並ぶことをおすすめします!

こちらも、今回は12時には行くくらいの覚悟が必要かもですね!

一幕見の詳しい見方についてはこちらの記事を読んでくださいね!

歌舞伎を約1000円で楽しむ!「一幕見」のすすめ [歌舞伎] All About


なお、それで観られなくても当方は一切責任をもちませんので、あしからず!

f:id:munakatayoko:20170204225909j:plain

わたしは夜の部に行ったのですが、「梅ごよみ」がとてもよかったので、別稿にてまた書きたいと思います。

とことん「一幕見」についての記事をアップしました。

歌舞伎というと「上演時間が長すぎてツライ」「チケットが高い」と遠ざかる人が多いようですが、約1000円で見られる一幕見。

そのものはなんとなく知っていても、チケットの取り方などを知らない人も多いので、メリット・デメリット、チケットの買い方、そして一幕見をとことん利用するコツについて書きました。

 

歌舞伎を約1000円で楽しむ!「一幕見」のすすめ

 

愛之助さんが歌舞伎座ギャラリーでみられます

こんばんは~。歌舞伎座ギャラリーのお話です。

歌舞伎座ギャラリーは、歌舞伎座の後ろにそびえる高いビルの中の5階にあり、なかなかおもしろい施設なんですよ。

先日歌舞伎座で観劇をしているとき、お隣に座っていたご婦人が

「あとでいきましょ。ここの5階でしょ。ギャラリー」って言っていたんだけど、

歌舞伎座ギャラリーは歌舞伎座の3階席の上にあるわけではありません。歌舞伎座正面から入れるのは3階まで。

一幕見は4階。入口は別。

そして5階にあるという歌舞伎座ギャラリーは、一旦外に出て、地下に潜り、木挽町広場を通ってエレベーターで5階に上がらないといけません。

 

考えてみれば、歌舞伎座からさっと5階に行けると良かったのにね。おばさまたちはちゃんと行けたでしょうか。心配です。

 

ちょっと行きにくいもんだから、知名度の低い歌舞伎座ギャラリーですけれど、とってもおもしろいのでオススメです。開業当時は展示が主でなかなか体験型ではなかったのですが、2年ほどまえから体験型にかわり、ずっと面白くなりました。

歌舞伎を見てから行くととっても楽しいと思います。そして、わからないことはなんでもドシドシ係りのスタッフの方に尋ねてみてください。とっても親切に教えてくれますよ。

 

歌舞伎の舞台で使われる馬に乗れたり、船に乗れたり、舞台装置というのかな、波の音は籠に入ったあずき、船のギシギシいう音は、木で作られた小道具といろいろ揃っていて、手で触って体験できるので子供でも楽しめます。

「うわー。衣装ってこんなに重いんだ」とか「意外とポップな刺繍?」とかね。いや、そこは「豪華」と言いましょうよ(^_^;)

f:id:munakatayoko:20170122234725j:plain

f:id:munakatayoko:20170122234352j:plain

私なんて、何回行ったことか。しかもシアターがいくつもあって腰掛けて観られるので、お年寄りといっても楽しめます。小1時間は楽しめるかな。

f:id:munakatayoko:20170122234454j:plain

 

f:id:munakatayoko:20170122234523j:plain

花道から出て、はいポーズ。

f:id:munakatayoko:20170122234543j:plain

体験型にシフトチェンジ!歌舞伎座ギャラリーが面白い [歌舞伎] All About

を読んでいただければと思います。

歌舞伎を観たあとなら100円割引になります。

ミニシアターでは、2,3ヶ月ごとに内容が変わりますが、今は愛之助さんの「松王丸ができるまで」をやっています。

愛之助さん、今月は昼の部も夜の部も大活躍ですね。歌舞伎座ギャラリーのシアターの大きな画面で「こんにちは。片岡愛之助です」と挨拶されると思わず「お。さっきはお疲れ様でした!」と声をかけたくなります。

今やっている「松王丸ができるまで」では、松王丸に変身するまでの化粧と衣装のつける様子を密着しているミニドキュメントです。

こ、こ、こんなに衣装付けるだけで大変なの!?とびっくりすること間違いなし。

大の男が5人がかりですから!身動き取れないほどの大変な衣装なのに、これで六方とか踏んじゃうのですから本当にすごいですね。

ミニシアターでは、2、3ヶ月ごとに内容が変更されるので、いつ行っても新鮮に楽しめます。

秋は染五郎さんが歌舞伎座の裏を案内してくれるもの、その前は染五郎さんと猿之助さんが「宙乗りができるまで」をやっていました。

いずれもその時の演目と少し関わっているものなので、とても興味深く観ることができます。

歌舞伎座ギャラリー、おすすめですよ。

 

 

 

英語による歌舞伎の情報サイトオープン

英語による歌舞伎の情報サイトがオープンした。

英語による歌舞伎の情報サイト「Kabuki Web」がオープン | 歌舞伎美人(かぶきびと)

 

私も実は英語の重要性をひしひしと感じており、昨年秋より英語を再び学び始めた。最終的に東京オリンピックのころまでには、一幕見のツアー客に外国の方がいらっしゃってもノープロブレムよ!と言いたい。

~~~~~~~~~~~~

 

と書いてみた。と書くからには相当の英語力がありそうだが、全くない。

全くない。全くない。

昨年秋より英語を学び始めたのは本当だが、NHKのラジオ基礎英語1を聞いているだけである。

夫がずっと英語を勉強し続けているエライ人で、「お前はNHKの基礎英語1からだろうな」と指定してくれ、ストリーミングというiPhoneでいつでも先週の番組を聞けるサービスを教えてくれた。

 

基礎英語1ですよ?全く初歩の初歩。一度聞いてみて

「どう?これならわかるでしょ?」と言われたけど、わからなかった。

夫も軽くショックを受けているようだった。

「コレデモダメカ…」みたいな…。

 

月曜から金曜までの5日。一回15分。お手頃である。

 

10月からはじめて未だひとつも覚えられない。

年末にキルギスから帰国した娘に「英語やってんだー」と自慢したところ

「じゃ、昨日覚えたこと教えて」と言われて、言えなかった。

 

「ひどい!ひどすぎるよおかあさん。今日は、これを絶対覚えよう!という気概を持ってひとつでも絶対覚えようという気はないの?」

 

と言われた。そうか。そういう気概がなかった。

一回聞いても、すぐ忘れちゃって全然頭に入らない。

昔は、覚えようとしたら、10回くらい読みながら暗記して、書いて暗記してとやれば覚えられたよな。確かにそれだけの努力はしていないな。

 

というところに気づくまでに3ヶ月たった。

ちょっとこのペースだと、東京オリンピックには間に合いそうもない。

 

とりあえず、基礎英語1を毎日やって、昨日やったことをスラスラっと言えるようになる。それが今年の目標のひとつかな。あんまりガツガツやりたくはない。ほかにもやらなくちゃいけないことはたくさんあるから。毎日短時間でさらっとね。やりたいんだけれど。

f:id:munakatayoko:20170121103213j:plain

 

英語カテゴリーでは、このひどい英語との奮闘を書いていきたい。

 

 

 

【歌舞伎ツアー開催】「大津絵道成寺」の一幕見&歌舞伎座ギャラリーなど

今日は歌舞伎ツアー、4人参加していただきました。

スケジュールは、こんな感じ

11:00 集合 歌舞伎の話、今日の演目の筋や見所についてレクチャー

11:15 一幕見チケット売り出し開始・購入

歌舞伎座のまわりをブラブラして、歌舞伎俳優の行く店などを案内・木挽町広場案内・チケット購入場所・コツなどレクチャー・弁当購入

12:05~歌舞伎座前集合 中で軽く昼食

12:30~13:30 一幕見観劇

13:30~14:30 歌舞伎座ギャラリーで遊ぶ 

歌舞伎座ギャラリー4階にまわり、質問などを受けつつ

15:00前解散

 

観た一幕見は「大津絵道成寺」です。

京鹿子娘道成寺というのは踊りの演目。これを下敷きにして
この踊りに「大津絵」から飛び出してきた登場人物をかぶせたもの。

というとむずかしくて訳がわかりませんが、

ベースがあって、そこにキャラクターがどんどん入ってくる。

「つまり、『白鳥の湖』に出てくるのが、ミッキーとかプルートとかドナルドで、それを全部愛之助がやるんです」って説明をしたんですけれど、概ね間違っていないかと…(^_^;)

 

舞踊で1時間ですが、引き抜き(パッと衣装が変わること)あり、早替わり(短時間に全く違うキャラに変わる)ありで本当に楽しいですね。

お正月にピッタリ。

 

ベースの京鹿子娘道成寺

大蛇に鐘を焼かれて鐘がなくなっていた道成寺に、鐘が奉納されることになり、鐘供養が行われる。白拍子の花子が道成寺を訪れて舞を披露するうちに、鐘に飛び込み蛇になって現れるという1時間ほどの踊りです。

特に内容がむずかしいことはなく、修業中の僧たちとの楽しい問答などがあったり、花子の引き抜きが何回かあって、見ていて飽きません。

 

とはいえ、何回も見ていると観客に飽きられるということで、いろいろなバージョンができてきました。

二人道成寺や昨年12月に行われた五人道成寺。そして今回のバージョンが絵から飛び出したキャラ達が縦横無尽に駆け巡る「大津絵道成寺」です。

 

愛之助丈の、早替わりにやんやの大喝采。藤娘の女形よりは、座頭や船頭の方が生き生きのびのびしているように思えました。

 

そして軽やかに楽しそうに踊る犬の種之助君と、声がよく通り、腰がしっかり安定している弁慶の歌昇兄弟が、とてもよいですね。ホント応援します。

 

昔の大津絵道成寺youtubeで探してみたんですけれど、犬は女形(つまりメス犬?)で、全然動きが違ったので、今回の元気な犬の種之助くんは新鮮!

 

押し戻し(怨霊や妖怪が花道から下がろうとするのを舞台へ押し戻すこと)は染五郎丈の矢の根の五郎で、バシッと決まりました。

 

楽しく観たあとは、歌舞伎座ギャラリーにて遊びます。一旦歌舞伎を観たあとに「なに、あの衣装重くないの?」とか「あの音はどうなっているの?」なんて興味がわいてから歌舞伎座ギャラリーに行くので、いろいろと解決しつつ、体験もできて楽しいですよ。

 

 4人の参加者に来ていただいたので、5人でワイワイとなごやかに楽しくツアー終了でした。

参加してくださった皆様、ありがとうございました。

 

来月は、どれにするか悩むなー。

 

 

 

 

 

一幕見ツアーを始めました

あけましておめでとうございます。

昨年秋より、TABICAさんの街歩きガイドを始めました。私はもちろん歌舞伎ツアーです。

私は、歌舞伎をみたこともない人や、う~ん、ご無沙汰!の人にもっと歌舞伎を楽しんで欲しいなあ、もっと歌舞伎ファンを増やしたいなあと思って記事を書いていますので、そういう人のためのツアーです。

「通」の人には「知っていることばかり」のツアーになります(^_^;)

一幕見を観て、歌舞伎座ギャラリーで遊んで、歌舞伎座の周りをぐるっと回って歌舞伎俳優のおすすめするお店などを教えて、木挽町広場をご案内する。それから、チケット売り場なども教えています。一幕見と一般の席ではチケット売り場から違いますからね。

 

一幕見というもので歌舞伎をみようとしたのに、チケットの買い方などで結構戸惑ってしまい、結局見損なったという人も多いのです。

 

ツアーの詳細は、初日が始まったら一幕見のスケジュールが発表になりますから、それでスケジュールをたてて告知し、2週間後くらいに実施という流れです。

 

1月は、今週金曜1月20日に「大津絵道成寺」を観ます。これはもう歌舞伎の楽しさがてんこ盛りなので、初心者でも外国人でもお子さんでも楽しめますよ。ぜひ、ご参加ください!

愛之助さんが奮闘、5役に早替わりします。瞬きNGで楽しみましょう~。

 

参加希望のかたはこちらからどぞ!

【歌舞伎】お気軽に楽しむ歌舞伎ワールド。もっと歌舞伎を観て、知って、遊ぼう<街歩き> | TABICA

 

国立劇場 通し狂言 仮名手本忠臣蔵を観る 大序から四段目まで

国立劇場仮名手本忠臣蔵を観てきました。仮名手本忠臣蔵は、10月から12月まで3ヶ月かけて通しで行われるということで、私も気合が入っております!

f:id:munakatayoko:20161005180136j:plain

 

仮名手本忠臣蔵」は、ご存知松の廊下で吉良上野介に切りつけた浅野内匠頭切腹となり、家老大石内蔵助と47人の家来が仇討をするという実話をもとに書かれた物語です。

 

一日通しでもなかなか全てはできないということで、今回は、3ヶ月に分けてすべて上演するというチャレンジですが、国立劇場に拍手を送りたいです。

 10月は、初段から四段まで。

仮名手本忠臣蔵が長く人気作品であることを再確認できるすばらしい内容だったと思います。

 

実は、私小学生のころ、昼夜通しで仮名手本忠臣蔵を観て以来の歌舞伎ファンなのですが、小学生にも楽しめることは、今回観て本当に納得しました。

 

開演前に口上人形が配役を紹介するので、今から観に行く方も必ず10時45分にはお席につかれることをおすすめします。開場10時15分

 

大序は、登場人物は首を垂れたお人形の体。浄瑠璃で人物が紹介されると息を吹き込まれて人になっていきます。

 

小さい頃みた「ぶーふーうー」はここから来ているのかなあ…。大好きな演出です。

 

善悪がはっきり分かってわかりやすいのが忠臣蔵の魅力の一つ。

 

いやらしい高師直左團次)、薬師寺次郎左衛門(彦三郎)はこれでもかこれでもかの、いやなやつ。

何年か前と同じく、あれだけいやらしい左團次が四段目では石堂右馬之丞を演じ、すました顔で慈悲深い役人を演じるのもまた楽し。

 

さあこれからどうする!の大星由良之助(幸四郎)、けなげな力弥(隼人)らが生き生き。

 

そして、今回はふだん滅多に上演されない二段も上演されています。

主人思いであるばかりでなく、主人の性格をとことん知り尽くしている賢い加古川本蔵(團三)、その機転が塩冶家に禍をもたらす経緯がよくわかります。

最初は桃井若狭之助が高師直に挑発されていたはずなのに、いつの間にか塩冶判官がいびられるようになっていくその伏線なので、二段は結構大切ですよね。力弥の許嫁小浪は、加古川本蔵の娘でもありますし。

 

個々の俳優さん。個人的な感想でありますが、

桃井若狭之助安近(錦之助

とても美しくて品がありよかったです。パンフレットによれば「恥辱を受けて頭に血が上っていますが、大名としての風格を持たなければいけません」とありますが、そのとおりの演技でした。

 

力弥(隼人)小浪(米吉)

「日ごろゆかしい力弥さま。会わばどう言おう。こう言おうかいな」と初々しい小浪の恥じらう様のかわいいこと。そして力弥と

「じっと見交わす顔と顔。互いの胸に恋人ともののえ言わず、赤面す」(違うかも)

そのかわいらしいこと。振り切る力弥のまた凛々しいこと。

 

「じっと見交わす顔と顔」というのは、一力茶屋でも出てきますね。2回使われるのでしょうか?はじめて知りました。間違っていればご指摘ください。

 

塩冶家家老 斧九太夫(錦吾)と原郷右衛門(友衛門)

桃井若狭之助の家老が機転をきかせて賄賂を送ることで、結果的に主を救ったことを知り「うちだって金銀を持って行っていればよかったのに、気のきかない!」と責める斧九太夫と「金銀でこびへつらうのは武士ではない」と口論する原郷右衛門。私がいけないのよと後悔する顔世…。泣けますね。

 

そして、切腹の場面。「由良之助はまだか」の声に力弥の

「未だ 参上…つかまつりませぬ!!」

今回は2回でした。

 

国立劇場の奥行の広さを生かした演出もまたよかった。

最後の城明け渡しの場では、最後に由良之助がなんども城を振り返りますが、次第に遠ざかっていく城が効果的でした。

 

10月は城明け渡しの場まで。次の場まで1ヶ月空くのでは消化不良になるかと思いましたが、全然そんなことはありませんでした。

 

通常ここまでだと、まだ芝居はまだ終わりませんから「まだまだこれからだ!」と気合が入って、この場面でアドレナリン全放出とならない(しない)のですが、今回はここで終わりなので、

「うおーーー!」と大放出!(私が…笑)

 

「山科にて再会。それまでは隠密に、隠密に。

無念の涙、ハラハラハラハラ 」

の大星由良之助に

「承知つかまつった。1ヶ月後、山科にてまたお会いしましょうぞぉ!」と心の中で叫ぶ私でありました。

 

全く書き散らしで申し訳ございません。これ以上日にちをあけると書けなくなるので、とりあえず書き散らかしました。

 

※彦三郎さんは、少し足を引きずっておられました。包帯が見えたような気がするのですが、お怪我でしょうか?無事に公演を終えられるよう祈念いたします。