「初めての歌舞伎を楽しもう」munakatayoko’s blog

すばらしき日本の芸能、歌舞伎。初心者にわかりやすく説明します♪

歌舞伎のブロマイド(お写真)あれこれ

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ
にほんブログ村

 

推しが出来たら今も昔も「ブロマイド」。ですよね。

歌舞伎にもありますよ。「お写真」なんて言い方もします。

 

 

木挽町広場で、月の後半に売り出し

歌舞伎座のブロマイドは、大体20日過ぎにその月の芝居の写真が木挽町広場で売り出されます(コロナ以降)。1枚500円。2022年9月からは600円に値上げです。

f:id:munakatayoko:20220829090429j:image

▲月の後半に、この歌舞伎町広場の右奥あたりで売り出しです。

 

また、最初にばっと出るのですが、売り切れになってしまったり追加されたり、最初にはなかった写真が追加されたり、結構動きがあります。

 

千穐楽までで、あとかたもなくお写真コーナーはなくなります。

え!買いたかったのに。と思い煩うことなかれ。

5階の楽座では、先月の舞台写真を売っています。

ネットでも売っています。

https://kabukiyahonpo.com/shop/c/cosaka01/

 

しかしいずれも次月末までです。

楽しい写真選び

「お写真、売り出し」との情報を得ると、後半に歌舞伎座に行く予定だった日に、ウキウキと木挽町広場に寄ります。そのころ筋書にも写真が入るので、筋書も買います。

 

コロナ以後は中央広場の奥の方が写真コーナーになりました。(歌舞伎蕎麦の前あたり)。簡易にできた写真売り場の入口で、手指消毒をして小さなメモと筆記用具を手に取り、いざ売り場へ。人数制限もあります。

 

500円と雖も、歯止めがないとバカにならない金額になってしまうので、あらかじめ予算を決めておくわけです。

 

もちろん歯止めなく買える人はよいのですが。私は一応●枚と決めています。

しかし目の前に「こ、これは!」というお写真がちらつくと、予算などどこ吹く風で買ってしまう。いや我慢する。でも、買っちゃおう。いや待て。とせめぎ合いが続きます。

 

ようやく絞りに絞った●枚を受付にもっていくと、スタッフは手袋をはめた手で慎重にメモを見て、スススっと手慣れた手つきで写真を探し出し、パッと目の前に見せてくれます。

 

この時、若干恥じらってしまうのは私だけでしょうか。

「●番、●番、●番」と読み上げて実際の写真を見せてくれますって、単に確認のためですけれど、何を照れているんでしょうか。私は。

 

恥じらいの中にもこちらは

「ふふ。どうです。このチョイス。すばらしいでしょう?」と毎度、誇り高くスタッフに言いたくなるのをグッと我慢します。

 

さらに言えば

「これとこれはね、同じような角度ですけれど、どうしても選びきれなくて。ええ。だってそうでしょう?どちらも甲乙つけがたい。こちらは、ええ。推しってわけじゃないけれど今回のあの役は素晴らしかったから記念に。あ。これですか。今回のあのお役見ました?見てない?見たほうがいいですよ。私、天上から舞い降りてきた天使かと思いましたもの、買いますでしょ、これは、誰でも」などと、滔々と語りたくなるのを、大人なので我慢します。

 

悩みに悩んだうえのすばらしいチョイスは、だれしも同じ。中身はみんな違うけれどね。

 

この写真たちは、いくつかの候補の中から役者自ら選んでいるということです。「推しが選んだのだ、この角度、この表情、この息遣い、この瞬間のこの写真を!」と思うと、またまた「追加で一枚っ!」と言いたくなります。

 

観劇をしてから買った方が、より印象の強いモノを買えると思うのですが、3部の終演後には木挽町広場は閑散としていて、すでに写真コーナーもありません。これは何とかしてほしいもの。あとはネットで追加をするか、次月に5階で買いましょう。

保管の仕方

私は、コロナ前まではファイルに毎月のチラシや新聞記事の切り抜きととともに入れていたのですが、コロナ後さぼっており、大変よくない状況となっております。

買ったときはこの月のこの部のこのお役ですもの、忘れるわけない!などと思うのですが、忘れます(;^_^A

 

f:id:munakatayoko:20220829090603j:image

▲これが良くない例

保管の仕方は人それぞれですが、せめていつのなんの役かくらいは記録しておいた方がいいです。訳がわからなくなってしまいます。またアルバムに入れていつでもサッとみられるようにしておいた方が良いに決まっています。早くなんとかしましょう←自分

 

南座新橋演舞場では、後半ブロマイド売り出しになると、ロビーで売り出しされます。幕間のうちに注文をすると終わるころに受け取ることができます。幕間もおちおちのんびりしていられません!

 

それではまた。次回のひとくち歌舞伎情報は、歌舞伎の魅力について。

 

筋書あれこれはこちら

munakatayoko.hatenablog.com