「初めての歌舞伎を楽しもう」munakatayoko’s blog

すばらしき日本の芸能、歌舞伎。初心者にわかりやすく説明します♪

2022年4月歌舞伎座の演目紹介~♪

昨日、無事に3月の歌舞伎座千穐楽を迎えました。

本当に良かったと思います。おめでとうございます。

 

早くも本日からお稽古のよう。こちらもがんばってご紹介!
満開の桜~。4月の歌舞伎座のご紹介です。

 

第1部 通しでがっつり澤瀉屋

天一坊大岡政談

昨年、中村屋コクーン歌舞伎「天日坊」が上演されましたが、もとはこちらの「天一坊」。実際にあった天一坊事件を題材にした講談を河竹黙阿弥が脚色したものです。
将軍吉宗の子の証拠をひょんなことからゲットした法澤が、将軍の子に成りすまして江戸に乗り込むが、最後は大岡越前守によって裁かれるというお話。
天一坊が猿之助、相手役の大岡越前守が松緑天一坊の仲間である参謀伊賀亮が愛之助。なかなか一緒になることも少ない濃い3人の顔合わせ、楽しみです。

「天日坊」を観た人はその違いを楽しんで!そうでない人も、楽しめると思いますよ。ぜひ!

第2部 世話物と美しい踊りでバランスよし

荒川の佐吉

真山青果作。世話物、しみじみ系です。セリフもストーリーもわかりやすいので予習も不要かと思います。

チンピラやくざの佐吉。親分を殺され、親分の盲目の孫、卯之吉を引き取って、不器用ながらも友人の大工の辰五郎とともに愛情深く育てます。卯之吉の母親は、一度は卯之吉を手放したのですが、その後子どもができなかったこともあり、子どもを返してほしいと言いに来ます。
最初は、冗談じゃねえ、卯之吉は俺が手塩にかけて育てた子だと、けんもほろろに断りますが、本当に卯之吉のためを考えると、母親の元に返すのが幸せなのかもと考え、子どもを返して、自分は旅に出ていくというお話です。
最初はチンピラ野郎なのが、佐吉の卯之吉への愛情を注ぐ様子、卯之吉のけなげな様子、年月を経て立派な男へと成長していく佐吉、辛い別れがなんとも切ないです。ラストシーンは満開の桜ですから、季節的にもぴったりですね。

義経千本桜~時鳥花有里

義経千本桜の中の一部。といってもあまり本筋とは関係のなき所作事です。荒川の佐吉のあと、涙をぬぐった後に、パーッと華やかな舞台を見て帰りましょう。
義経に、4人の白拍子が舞を披露します。今回その4人の白拍子が、壱太郎、種之助、米吉、虎之介。全員平成生まれの若者の競演ですね。全員うまくてきれいですので華やかな舞台になることでしょう。しかも傀儡師を演じる又五郎さんは、義経静御前、知盛を演じ分けますが、これがまた踊り上手です。白拍子と傀儡子は、義経に「吉野山に行くべし~」と教えるのです。

 

第3部 にざたまを堪能


ぢいさんばあさん

森鴎外の短編を宇野信夫が昭和26年に劇にしたものです。新作だから言葉もわかるし、理解するための予習はいらないですけれど、森鴎外の原作はネットで読めますのでぜひご一読ください!短いのですぐに読めます。とてもいい短編です。

www.aozora.gr.jp

内容は、仲のよかった若夫婦が、ひょんなことから会えなくなり、やっと会えたのはその37年後だったというお話です。しみじみ…。

とてもいいお話なのですが、これって役者の力で面白さがとても左右されると思うのですが、今回待ってましたの仁左衛門玉三郎

3月には体調を崩し、心配させられた仁左衛門でしたが、4月もどうぞご無事で、初日から千穐楽までつとめられますよう。

 

お祭り

玉三郎のお祭り、晴れやかで、鮮やかで、粋。
文句なく、その世界観に連れて行ってくれて、気持ちよく打ち出し!
やはり、その日最後の演目は、晴れやかに気持ちよく家路に向かいたいもの。ピッタリの演目かと思います。幕見、早~復活祈る!

上演スケジュール

2022年4月2日(土)~27日(水)

第一部 午前11時~
第二部 午後2時40分~
第三部 午後6時20分~
※開場は開演の40分前を予定
【休演】11日(月)、19日(火)

チケット金額、売り場

1等席16000円
2等席12000円
3階A席5500円
3階B席3500円
1階桟敷席17000円

チケットは、歌舞伎座木挽町広場チケット売り場、またはチケットWeb松竹
にて購入できます。

歌舞伎座アクセス

東京メトロ日比谷線・都営浅草線銀座駅[3番出口]
東京メトロ銀座線・丸ノ内線日比谷線 銀座駅[A7番出口]徒歩5分
◯ JR・東京メトロ 東京駅 タクシー10分

 

では、4月も楽しい歌舞伎ライフをご一緒に~~♪