「初めての歌舞伎を楽しもう」munakatayoko’s blog

すばらしき日本の芸能、歌舞伎。初心者にわかりやすく説明します♪

喫茶室檜で熟成ローストビーフバーガーを食べる

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ
にほんブログ村

今日は10月歌舞伎座の初日でした。

f:id:munakatayoko:20201002231722j:image

 

1部「京人形」で七之助の京人形っぷりを堪能したあと、2部までに時間があるのでランチタイムを取りました。

今日は、喫茶室檜に行きました。

f:id:munakatayoko:20201002231255j:image

本日よりのニューメニュー「熟成ローストビーフバーガー」が気になったためです。

f:id:munakatayoko:20201002231222j:image

 

檜は、通常なら劇場内から入れ、劇場外からは時間によってはいれるようになっていましたが、コロナ禍では劇場外からでなければ入れません。歌舞伎会に入っていると割引がありましたが、コロナ禍では、割引なしとのことでした。

 

入店時に消毒する上に、署名までするんです💦コロナ対策厳重です!

 

二人掛けのテーブルが8個。16人プラスカウンターにも椅子が3脚ほどありました。通常どうだったかな。コロナ禍で、減らしているような気もします。

 

ひとりずつ入れば、すぐにいっぱいになるし、芝居が終わった後の時間に利用したいのであれば、予約が無難かもしれません。今日は入れましたが、ギリギリでした。予約席も2~3ありました。

 

気になる「熟成ローストビーフバーガー」。ちょっと時間をおいて、登場。

こちらです。

f:id:munakatayoko:20201002231444j:image

 

ドーンとお皿に乗っていて、ど、どうしよう!いったいどこから食べればいいのか!というほど、ボリューミーで、まん丸な感じです。ちょっとさわってみたら、あれ、熱くない。

 

なんだトースターで温めていないのかと一瞬がっかりしましたが、意外とそれがよかったようです!

 

満を持して、勇気をもって一口かぶりついてみました。

と、中身がバラバラと零れ落ちることもなく、パンがカショカショと崩れることもなく、じゅわっとしたローストビーフを1枚だけ食べたらあとはもう、もぬけのからということもなく、パンが柔らかいせいなのか、なぜか丸々大きいのに、こぼさず上手に食べられました😂

 

そしておいしい。

食事のあと、また1演目見るとなると、あんまりおなかいっぱいにはなりたくない。さりとて、お菓子とかで小腹を満たすのもいや。そんな人にはピッタリです。

アボガドもレタスもトマトもいいバランスで、ローストビーフも結構がっつりはいっていました。

 

ミックスフルーツのジュレデザート(器もかわいい)もついていて、コーヒーか紅茶付き。1100円。檜のコーヒーはおいしいですよね。

f:id:munakatayoko:20201002231559j:image

 

 

そして、なんとなーく、お店の前のメニューの写真と違うような気がしないでもなかったのですが…。

 

間違い探しではありませんが、何か足りないのわかりますか?

 

 

「あ!すみません。忘れていました」といってあとから持ってきてくれたのは、くまどりマカロンラスク。

f:id:munakatayoko:20201002231651j:image

 

「初日だもんで、わすれちゃって」とのこと。新しいメニューのお披露目の日で、ちょっとドキドキだったみたい。あとでしっかりいただきました。マカロンというよりはラスク。ラスクというよりはクッキーな、ほんのり甘くておいしい隈取マカロンラスクでした。

 

おいしいコーヒーをいただき、のんびり木挽町広場をめぐり、ふたたび歌舞伎座へと向かいました。

1階 喫茶室 檜 | 歌舞伎座

中央区銀座4-12-15歌舞伎座1F