「初めての歌舞伎を楽しもう」munakatayoko’s blog

すばらしき日本の芸能、歌舞伎。初心者にわかりやすく説明します♪

一幕見ツアー 「沓手鳥孤城落月」で開催します

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 銀座情報へ
にほんブログ村

おはようございます。宗像陽子です。

今月の一幕見ツアー。どれにするか、本当に悩みました!

なぜならどの演目も面白さでいっぱい!とても充実した10月です。

さんざん悩んだ挙句、日にちは23日(月)に決定。

いつも一幕見ツアーの演目は、いろいろな要素を考えて決めています。

演目そのものについても初心者にもわかりやすいかどうか。

一幕見は行列しなければいけないので、立ち見にならないで見られるかどうか。

どんなに演目がよくても、大人気で何時間も並ばなければ座ることがむずかしいならやめます。でも一幕見がそれほど人気がなくてもすばらしい作品はたくさんあるのです。誰が演じるかも重要な要素。

それを見定めて決めています。

10月は昼の部は「マハーバーラタ戦記」通し。

夜の部は「沓手鳥孤城落月」、「韓人韓文手管始」、「秋の色種」。

どれひとつとってもすばらしいんです。悩みました。

今回は初めての夜の部の一幕見ツアーにしたいと思います。夜の部とはいえ、夜の部のしょっぱなです。

演目は、「沓手鳥孤城落月(ほととぎすこじょうのらくげつ)」です。

なぜ、これに決めたか。

マハーバーラタ戦記」は、とてもおもしろい。すばらしい。でも昼の部ぜんぶなので、一幕見では一部しか見られずもったいない、候補からはずしました。というより、この演目は予習もいらず、初心者でもワンピースに負けず劣らずおもしろいので、私なんぞの解説はいりません。ぜひ、劇場に行って見てください というククリ。

 

「韓人韓文手管始」も、「沓手鳥孤城落月」より少し短めですし、内容もわかりやすくておもしろいので、一幕見で見るにはいいと思いました。明るさ、美しさもあっていい。時間のある方、ぜひ見てください。最後がちょっと「おい、なすりつけかよ」みたいに現代人にとっては共感できないみたいな部分があるのですが、そこはスルーして楽しんでください。異国情緒もほんのりあって楽しめます。七之助美し。

 

ただ、今回は、玉三郎さんをみなさんに観て欲しいと思うのです。玉三郎さんは「沓手鳥孤城落月」と「秋の色種」に出ます。どちらもすばらしい。どちらも、今、玉三郎という至宝と同じ時代を生きている限り、多くの人に見ておいていただきたいと思うのです。

 

で、結局なぜ「沓手鳥孤城落月」にしたかですけれど、まあ、正直今でも悩んでいますが、

「秋の色種」は踊りです。むちゃくちゃ美しいです。

ストーリー性のある方がみなさんにはわかりやすいかな。しかも大阪城淀殿がトチ狂って、最後には落城というのは、比較的みなさんよく知っている、わかりやすいのではないか。と考えて「沓手鳥孤城落月」に決めました。

 

「秋の色種」も、イヤホンガイドを聞きつつ見ましたが、その美が素晴らしすぎて最後にはイヤホンガイドをぶん投げてひたすらその美を鑑賞・見続けました。解説必要ないんですよね。多くの人に見ていただきたい。

 

というわけで、ん?どういうわけ?

一幕見ツアーは「沓手鳥孤城落月」で決まりです。理由はストーリー性、玉三郎、夜の部一発目なので入りやすいという理由で決めました。

 

一発目なので入りやすいとは言いましたが、今月の歌舞伎はマハーバーラタ戦記や、ワンピースにとられて、至宝玉三郎が出ているっつうのに比較的幕見も空いているようです。

 

ぜひ、私といっしょにツアーを楽しみましょう。一幕見のほか、歌舞伎座ギャラリーなども見学しておもしろいものをお見せしますよん。

 

13:00集合 

歌舞伎座ギャラリー<特別映像>13:15

14:15 ~木挽町広場案内・チケット購入場所など案内

歌舞伎座の周りを案内。

15:00 一幕見チケット売り出し開始・購入 トイレなど。演目説明。

16:00 一幕見入場

16:30 観劇18:00 終演

 

申し込みはこちらから

tabica.jp