「初めての歌舞伎を楽しもう」munakatayoko’s blog

すばらしき日本の芸能、歌舞伎。初心者にわかりやすく説明します♪

坂東彌十郎さんインタビュー&名古屋平成中村座へ

坂東彌十郎さんにインタビューをするために名古屋に行ってきました。


彌十郎さんというのは、お父さんは歌舞伎役者から銀幕のスターになった坂東好太郎さん。彌十郎さんは8代目坂東三津五郎に預かりに出たものの1年足らずで三津五郎がふぐにあたって亡くなる。その後守田勘弥に声をかけられるものの、2ヶ月後に亡くなり、商業演劇に出るなどした後に、猿翁の弟子となった人。苦労なさっているんです。12世勘三郎さんの幼馴染でもあり、そんなエピソードなどもたくさん伺いました。

こちらで用意したお部屋だったのですが、その部屋はなんと十八世中村勘三郎さんが、中村座開催の折にはひと月泊まっていたスイート。
大きな窓からは、ドーンと目の前に名古屋城が見え、下の方にはお堀。そしてわずかに中村屋のノボリもチラチラと。

f:id:munakatayoko:20170620073127j:plain


歌舞伎役者さんって、お話が上手な方が多いですねえ。やはり古典を読み込み、セリフを覚え、常に思考を巡らせているからでしょうか?
先日の笑之丞さんしかり。染五郎さんしかり。(このお二人は、インタビューではなくて講座を拝聴ですが)今回の彌十郎もまたしかり。

私は本職はライターで、特にインタビューが多いのですが

通常、インタビューをするとあとでテープを起こします。言い回しが変だったり話があっちこっちに飛んだりすることも少なくなくて、テープを起こすというよりは、自分用に再確認するためにメモを取る程度。逐一文字にすることは滅多にありません。
しかし、今回のインタビューは、彌十郎さんがものすごくきちんとお話をされていたので、記事にならないところも含めすべてきちんと一言一句残さず文字にしました。

このままインタビュー記事になりそうな気配。しないですけれど。

録音も通常はどんどん破棄しますが、これは永久保存版。

ワードに記録しましたが、HDにも保存。さらに紙ベースでも取っておこう!と決意!永久にな。

 

とても大きな方。身体も183センチあるので、大きいのですが、なんというか存在そのものが大きくて圧倒されました。

後日、再び名古屋を訪れ、中村座の舞台を観てきました。

f:id:munakatayoko:20170620073252j:plain


f:id:munakatayoko:20170620073455j:plain

見たのは夜の部。

f:id:munakatayoko:20170620073542j:plain

七之助さんが、よかったですねえ。特に弁天小僧菊之助がよかった。あの赤襦袢ってのは、なんであんな素晴らしい「赤」なんでしょう。パッと見える鮮やかな赤がまだ目の奥に焼きついています。

そして、「弁天娘女男白浪」と「仇ゆめ」に彌十郎さんは出演。

取材の時のにこやかな笑顔とは打って変わってのド迫力。日本駄右衛門は、存在感をガガっと押し出すいつもの彌十郎さんだったのですが、驚いたのは「仇ゆめ」での揚屋の亭主。
61歳なのに、若いものの先頭に立って踊って、回って、走って、倒れて。と大活躍で主役を盛り上げていました。


これが、日々薄紙を重ねていくように「昨日より今日、今日より明日と上を目指して舞台に立っている」という話を聞いた後ですと、とりわけ感動的です。

 

どうぞ健康に気をつけて、千穐楽まで走りきってください。

 

記事にはできなかったエピソードは、いずれぼちぼちとこちらでも書いていきます。

 

 

 

KABUKI インバウンド

こんにちは!むなかたです。

昨日は、歌舞伎座

今度TABICAでは、インバウンドサービスを開始するとかで、インバウンド歌舞伎ページのためのロケハン&写真撮影でした。

 

 

 

いつもやっているツアーの流れで、TABICAスタッフ、外国人モデルさん、通訳さん、カメラマンさんとで、来週行う予定のツアーを一足先にやってきました。

浮世風呂のチケットを取る。行列している間に演目解説。

歌舞伎座の周囲案内。

歌舞伎座ギャラリー案内

浮世風呂観劇

という流れでロケハン。

「インバウンドとはいえ、通訳さんがはいるので、宗像さんは全くいつもと同じ風にやってもらって構わないですよー」とのことでしたが、やはり、いろいろと異なる点があったので、下見を兼ねた今回の試み、やってみてよかったと思いました。

 

まず、私が話す→通訳が話すとなるわけですから、当然日本人相手より時間がかかる。

ですから、いつもよりは話をもっと絞って、簡潔にしたほうがいいかもしれません。

観光で東京を訪れた外国人がほとんどですから、「今観る演目をディープに解説」に特化したほうがいいかもしれません。

とはいえ、いろいろな人が来るでしょうから、臨機応変に。

 

外国人観光客は、「こんなとこ行った!写真撮った!体験した!写真見て!」というのが好きだから、歌舞伎座ギャラリーはすごく喜ばれると思う。

などなど。

皆さんと和気あいあいと意見を出し合いながら、楽しくツアーしてきました。

 

さて、通訳のヤマトくんがもんのすごく英語が上手くてびっくりしたので、当然そうだろうとおもって「帰国子女?」と聞いたら、違うんですって。

今、大学4年生。中高時代から文法はどうも苦手だったけれど、単語と単語をぶつければなんとかコミュニケーションが取れる「会話」はなんだかとっても好きだったそう。

びっくりしたな~。私の解説が早すぎて通訳が間に合わないときには「えっと、そこはもうひとつなんでしたっけ?」と聞き直してくれるところも誠意を感じました。

若者、いいな!

 

歌舞伎そのものは、「浮世風呂」を見るのは2回めになりましたが、種之助くんのなめくじのクネクネ度がますますレベルアップしていました!

今回参加の人、生歌舞伎は全員初めてでしたが、「おーすごい!」と感動してくれましたよ。

 

外国人モデルのクリスさん。歌舞伎はどうだったか聞いてみると

「面白かった。最後の若者たちが出てくるところがよかったので、もっといろいろなキャラクターがでてくるとよかったなあ」とのことでした。

30分足らずの演目なので、こういったものをみなさんどんどん観て、歌舞伎に親しんでほしいなと切に思いますよ♪

 

木挽町広場では小袋のお菓子に興味津々だったりして

「ここ?ここに興味ありなわけ?」みたいな感じでこちらも面白かったです。

スタンプ集めは趣味らしく、しっかりとスタンプオン。

 

御朱印も集めているので、歌舞伎の御朱印歌舞伎座ギャラリーで300円で買えることを教えてあげたら喜んで買っていました。

全く個人の喜ぶツボは、様々ですなあ。

歌舞伎座ギャラリーは、本当に楽しんでいましたよ。染五郎さんの楽屋案内のミニシアターが終わっていたのが残念。

 

 f:id:munakatayoko:20170617200319j:plain

 ▲通訳のヤマトクンと、クリスさん。歌舞伎座ギャラリーにて。烏帽子がやけに似合うクリスさん

 

どんな体験ページになるのか楽しみだな!

 

 

 

 

 

 

 

市川笑三郎丈登場!ICU大学の公開講演会「日本伝統芸能の世界ー歌舞伎」

というわけで、今日はがんばってICUに行ってきました。(どういうわけだよと思われたかたは昨日のブログを見てね)

f:id:munakatayoko:20170615174729j:plain

 

今日も極めて気持ちのいいICU。ああ、またこんなところで学んでみたい。芝生に寝転がってまどろんでみたい。「あーん。遅れる~」なんて自転車を飛ばしてみたい。。。

 

f:id:munakatayoko:20170615174817j:plain

 

あ、失礼しました。

今日は日本伝統芸能の世界―歌舞伎―でした。

f:id:munakatayoko:20170615174847j:plain

ゲストは市川笑三郎さん。

 

非常に面白かった!これで無料なんて!

 

前半は矢内先生と笑三郎さんの対談。

笑三郎さんは、岐阜県中津川市出身。ここは地元の素人歌舞伎が根付いているそうです。小さな頃から観て、幼稚園のころは、役者の目がキラキラ輝いているのを見て、●●戦隊みたいに、「舞台に上がるとヒーローに変身できる!」という感じで見ていたそうです。舞台が大好きで憧れていて、ぜったい歌舞伎役者になるって決めていたんですって。中学でたら役者になるためにすぐ上京。

 

先生に心配されたけど「いいんですっ!」と言い張って負けなかったんだって。本当に大好きだったんですね。

 

そして猿之助さん(現猿翁)に弟子入り。2ヶ月ほどたったときに女形をやりなさいと言われたそうです。

 

質問:普段から女性の観察ってしていますか?

お答:女心について、女性に参考に聞くことはあるけれど、身なりや居住まいについては参考にはなりませんと。(笑)。逆にお教えしたくなると(笑)。

 

質問:古典や新作で入るスイッチは違うのですか?

お答:猿翁のやっているスーパー歌舞伎は、歌舞伎の良さを残しながら、尚且つ現代でも共感できるテーマを探すもの。歌舞伎であって歌舞伎を超えているものなので、新作とは言え、古典が理解できている上での応用なので、(スイッチが違うということはないという意味かな)

4代目猿之助は、ワンピースを見てもわかるようにどんどん現代風に変えているが、古典と新作が両立するという根底は変えてはいない。

 

質問:若い学生はなかなか歌舞伎も見に行けないようだが、何かアドバイスはありますか?

お答:(1)見取りではなく、通し狂言をまずは観てはどうでしょうか。(見取りは、全く別の話をやっているということを理解しないまま、観て混乱している人もいるよう)

(2)スーパー歌舞伎は、わかりやすいですよ。そして歌舞伎っぽさももちろんあるので、最初に雰囲気を味わうにはいいのでは?

 

(3)シネマ歌舞伎もおすすめですよ。

 

といった話で、盛り上がりました。

 

休憩後は、ワークショップ。ワークショップ風のDVDを観たあとに、学生さんたちが舞台に上がって実践です!

 

歌舞伎の歌:セリフも歌をうたうように三味線に合わせて言いましょう。

歌舞伎の舞:様式化された動きは、日本舞踊が基本なんですよ。

歌舞伎の伎:

 

女形と一口に言ってもいろいろ。

赤姫・局・腰元・傾城・芸者・世話女房・娘といった女性の種類について説明され、女形がやる男の役についても説明されました。

 

女形のゴールは女性になることではなく、男が女性らしさを追求するところにあるというのが深いですね。

 

さて、女形の型ですが、

肩甲骨を寄せ、肩幅を狭くする。など実際に学生も、客席の我々もやってみました。

 

そして喜怒哀楽を表現。

 

実際に「毛抜」の一場面を実演しました。

 

腰元が

「お上がりなさりませとの御口上でござりまする。」のあと、セクハラされて

「わしゃ知らぬわいな。ビビビビビー」のところまで。

 

学生さんたち、緊張しつつも一人ずつ簡単にアドバイスされながらやってみましたよ~。

 

様式美というのは「舞台という枠の中で絵のように動くことを表現する」こと。

私は、常々歌舞伎の魅力について「どの瞬間を切り取っても絵のように美しい」ことだと思っていて、それをみなさんにもお伝えしていたんですが、その理由はまさにこれです。

 

たとえば、パッと指でものを指し示す動作、普通の演劇であれば、最終目的である「指す」ところだけに注意していると思うのですが、歌舞伎では、手を上げるところから物を指し示すまで、ゆっくりと円を描いて小指の先まで神経をとがらせていきます。途中の動作まですべて決まっているんですね。その基本は日本舞踊だそうですが。

 

だからどの瞬間を切り取っても絵のように美しいのですね。

 

最後に学生さんたちにも大きな拍手が送られ、笑三郎さんにももちろん更なる大きな拍手が送られました。

 

学生さんたち、歌舞伎はどうやって観に行っていいかわからず、なかなか行くチャンスがないとのことでしたが、私の一幕見ツアー、最適なので、来てくれないかな~。と思いつつ、帰路につきました。

初心者歓迎。観て、知って、楽しもう。歌舞伎ガイドが案内する「歌舞伎の世界」 | TABICA

 

とても楽しかったです。次のお知らせがなかったので、当分ないのかな。残念です。

 

あ。最後に、なぜ本日のゲストが笑三郎さんかというと、矢内先生大ファンだそうです!ヽ(*´∀`)ノ

ICU大学の公開講演会「日本伝統芸能の世界」

ICU大学の公開講演会「日本伝統芸能の世界」がおすすめです。

これは、大学の授業の一環でして「なんなら一般市民のみなさんも来てくれていいですよ~」とのこと。

無料だし予約も必要なしなので、スケジュールだけは確認しておき、当日行けたら行くというゆるいスタンスでいられるのがありがたいです。

ちょっと前のことになりますが、6月1日は、「日本伝統芸能の世界―義太夫節」に行ってきました。

f:id:munakatayoko:20170614093122j:plain

 

ICU大学は、眞子さまニュースで一時騒然としていたようでしたが、この日は落ち着いた雰囲気で若葉も美しく、こんなキャンパスでまた勉強したいなあ~と思いました♪

f:id:munakatayoko:20170614092938j:plain

f:id:munakatayoko:20170614093036j:plain

 

以前大道具のおはなしの時に行って、これまたなかなか聞けないようなお話をタップリ聞かせていただきました。

 

今回は、義太夫節。迫力のある義太夫節を語るのは、男性だけではありません。今日は、矢内賢二准教授の司会のもと女流義太夫の竹本越孝さん・三味線鶴澤寛也さんという豪華な顔ぶれ。

なんども言うようですが、無料だからね。場所だって、ディッフェンドルファー記念館という立派で品のあるホールです!

 

前半は、お二人にどうして女流義太夫になったの?なんてきっかけを伺いました。

女流義太夫は、家元制度もないから、お二人共「ひょんなきっかけ」でなっちゃったようです。

その話、おもしろかったから、今度書きますね。

 

後半は、なんと義太夫実践!

 

舞台に学生が上がり、義太夫を教えてもらう…だけかと思いきや、客席全員で義太夫をうなるという…。

 

これ、なかなか得難い経験でした。義太夫を聞いたことはあるけれど、口にしたこともない…ですよね?普通。昔は、町内に必ず義太夫好きなおじさんがいて、それがしかもヘタッピーで、なんて落語ありましたね。

 

自分で声を出してみると、まるで世界が変わりました。全然うまく言えないですよ。

「あわあわあわ」声の高低も上下上下しちゃって。上下左右あわあわ状態。

学生さんたちも舞台の上で正座もままならず、アワアワ。

でも面白い体験でした。

 

次回の公開講演会は、明日6月15日(木)

歌舞伎講座なんです。行きたいけれど、スケジュール的に厳しいか…。

第1部は矢内賢二准教授と市川笑三郎さんの対談。

第2部は公開ワークショップです。

また、全員でやっちゃうのかな?女方の動きとか?面白そうです。

 

ご都合のつく方、ぜひ!

 

6月15日(木)

時間:13:15~15:00

会場:ICU構内ディッフェンドルファー記念館東棟オーディトリアム(講堂)

三鷹市大沢3-10-2

参加費:無料

詳しくはこちら!

〈レクチャー・デモンストレーション〉日本伝統芸能の世界 ──歌舞伎──|国際基督教大学

 

私はいつも武蔵境から行きますが、大体12:45ころだったかのバスに乗っていくと、余裕でちょうどいい感じです。

 

やはり、どうしても行きたい気持ちが強まってまいりました(笑)。

原稿がんばります!(`・ω・´)

 

 

 

 

澤潟十種の内 浮世風呂 六月大歌舞伎昼の部

6月の歌舞伎座、昼の部の二つ目の演目は「澤潟十種の内 浮世風呂」です。

一つ目の「名月八幡祭」についてはこちら↓

名月八幡祭 六月大歌舞伎 昼の部 - 「初めての歌舞伎を楽しもう」munakatayoko’s blog


「澤潟十種の内 浮世風呂」は舞踊劇。昭和12年に二世猿之助(今の猿之助のひいおじいさんです)によって初めて演じられました。

その後昭和42年に3代目猿之助(現猿翁)が、長唄から常盤津に変更し、新たな演出を加えました。さらに、昭和50年に現猿翁が、初世猿翁の代表的な舞踊十種をえらんで「澤瀉十種」としたのですが、その一つに加えられました。

という解説はここまでで。

この浮世風呂。ぜひみなさんにお気軽に見ていただきたい演目ですヽ(´▽`)/

配役 三助政吉 (演ずるのは猿之助)なめくじ(種之助)

この演目は銭湯の三助さんがお風呂の用意をしたりしながらキビキビ働く様子を30分弱の短い中で踊って見せるもの。

昔は銭湯に三助さんというのがいて、背中を流してくれたりして、結構モテたらしいですよ。

むずかしいことは何もありません。ただ猿之助さんの軽やかな舞踊を楽しんでもらえれば。

全体が大体3場面に分かれます。
見所は、まずは最初。コケコッコー!の鶏の声で幕が上がれば、舞台に三助の猿之助が後ろを向いて座っている。格子の窓からスーっと朝日の光が入ってきて、その光は風呂の湯気をきらめかせています。その情景の美しいこと。

パッと起き上がれば猿之助。キビキビと立ち働いて、桶を並べたり板を持ってかき回したり軽妙な踊りで表現します。

そのうちに、流しの隅から出てくる女。でもなんだか様子が変です。なんとこの女。なめくじなんです。なめくじを一体どうやって表現するのでしょう…。

衣裳や振りでなめくじを表現していますので、それは見てのお楽しみに。
演じているのは、種之助。実は私が密かに応援している若手(いっぱいいる笑)のうちのひとりです。種之助くん、1月の大津絵道成寺の演目では「犬」でした…。6月は「なめくじ」とは…。

三助政吉に、惚れたなめくじが言い寄るのですが、なめくじに言い寄られるなんて気持ちがわるいですよね、それで追い払われてしまいます。
花道のスッポン(注)に落とされて、あえなくなめくじ消滅。このとき、最後に猿之助さん、塩をドバっとすっぽんに落として、ツンとした顔をするのですが、みなさんは三助の動きをどう感じるかな。

私は、「あばよ!とどめだ!」という風に見えましたが「ちょっとかわいそうな奴だったな」と感じる人もいるでしょう。人それぞれですけれど、お友達や親子で観劇していたら、どっちかなと話し合ってみてくださいね。

そのあとはいろいろな踊り、佐渡おけさやかっぽれなど自由自在に踊りまくります。
そして、若手がズラズラと現れて、立ち回りになり、蹴散らかして幕となります。猿之助がかっこいいですよ。

30分足らずの軽妙な踊り、ぜひ堪能してください。寝る暇もないので、歌舞伎初めての方もご安心を♪

 

(注)スッポン 花道の7:3の割合で舞台に近いところに出入りができる穴があります。それがスッポン。歌舞伎の世界では、ここから出入りするのは、妖怪変化の類と決まっています。だから、ここからドドドと何やら出てきたり引っ込んだりしたら、あ!人間じゃないんだな!と思ってください。

歌舞伎座昼の部
4000円~20000円
浮世風呂だけ観るなら
一幕見 1000円   
チケット売り出しは11:15~
上演は13:22~

というわけで、今月の一幕見ツアーは、私といっしょにこの浮世風呂をみましょう!ヽ(´▽`)/
スケジュールはこちら!
10:30 集合
11:15 一幕見チケット売り出し開始・購入
11:20~歌舞伎座のまわりをブラブラして、歌舞伎俳優の行く店などを案内・木挽町広場案内・チケット購入場所など案内

12:00~歌舞伎座ギャラリーで遊ぶ 
<特別映像12:15~歌舞伎座の秘密 楽屋編 ~定点観楽屋花菱~も見ます>上映時間は約20分
13:00 歌舞伎座に戻る
13:22~13:45くらいまで観劇 2時頃解散となります。

申し込みはこちら!
https://tabica.jp/travel/703

名月八幡祭 六月大歌舞伎 昼の部

6月の歌舞伎が始まりました♪

木挽町広場には、短冊が飾られていました。

 

f:id:munakatayoko:20170605231426j:plain

f:id:munakatayoko:20170605231343j:plain

 

さて、本日は昼の部を観てきました。

まずは「名月八幡祭」。

登場人物 

☆美代吉―(演じるのは笑也)

深川でも指折りの人気を誇る芸者。三次にくびったけ。三次につぎ込みすぎて借金で首が回らない。

☆三次―(猿之助) 

しょうもないヒモ野郎。美代吉にいつも金の無心をしている。

☆新助―(松緑) 

田舎から出てきた真面目人間。

☆藤岡慶十郎

とってもやさしい旗本。

 

この話は、もともとはお家騒動や、主人公の二人の因果な話といろいろ複雑だったものを、素朴な田舎青年が芸者に振り回される話に焦点をおいて、大正時代にシンプルに作り直されました。だからとってもわかりやすくて、おもしろいですよ。

 

美代吉って芸者が、ぶんぶん男を振り回すんです。人のよい武士も、そして悪人として登場する三次も美代吉にあってはかないません。ましてや、田舎から出てきた純朴そのものの新助であればなおのこと…。

で、騙された新助が気が狂って、祭りの日に美代吉を殺すってお話です。

 

わかりやすいでしょ?

 

三次にいつも金の無心をされて、借金でがんじがらめになっている美代吉に「そんな男にかかずらわっていてはいけないよ」と鷹揚な殿様が手切れ金としてくれたお金を、「やったー。お金はいった!」とさっそく三次と飲みに行っちゃう美代吉。

 

観客である私たち、心底美代吉を憎むことはできません。奔放な美代吉にちょっとだけ憧れちゃうからでしょうか?

 

一方、美代吉にちょっといい顔をされて、借金をねだられて、すぐにその気になる田舎の青年新助のことも、観客である私たち、誰も「馬鹿だねえ」とは言えません。誰もが新助みたいな純粋な気持ちを、少しは心の奥底に持っているからでしょうか。

 

ヒモ体質の根っからの悪人三次。これまたなんかクールで憎めません。現実にいたらちょっと付き合いたくない人ですけれど…(^_^;)

 

新助は、心底好きになってしまった美代吉のために田畑を売ってお金を作ってきたのに

「あ。もう金できたからいらない。え?一緒に住む?んなわけないじゃん。」と美代吉に突っぱねられてしまいます。

 

うおーと泣き崩れる新助に対して「ん?なんか悪いこと言った?」程度のリアクションの美代吉。そして、クールな三次。舞台上のこのギャップがたまりません。

 

ついに気が狂って、祭りの日に新助は美代吉を殺してしまいます。人がとても多く出た祭りの日。永代橋が崩落したそうな。これは史実だそうです。

 この大詰めの場面は、本水(舞台上で本当の水を使った演出)で、土砂降りの雨で、凄惨なはずですが、美しい。

 

すべてが終わったあとに、馬鹿でちっぽけで猥雑でどうしようもない人間たちをじっと眺めていたかのように、大きな月がぽっかりと夜空に浮かびます。

 

純朴な青年が愛想尽かしをされて逆恨みをして殺すといえば、「籠釣瓶」が有名ですけれど、美代吉は八ツ橋より、もっとずっと天性の自由奔放な小悪魔です。すぐいい顔しちゃうし、すぐ忘れるし、またすぐいい顔しちゃう、誰にでも。

しゅんとしたと思ったら、お金が入ればすぐに元気百倍。立ち直りも早い!

人間味あふれるというか、パワフル。生命力を感じるヒロインです。

 

名月八幡祭りの上演時間は1時間47分。上質の映画を観るように楽しんでみてください。

 

 

幼児なのになぜ?歌舞伎俳優の子供たちがりっぱに舞台を全うできるワケ

5月には歌舞伎座において寺島しのぶさんの長男寺嶋眞秀(てらじままほろ)ちゃんが初お目見えしましたね。そのどんぐりのような可愛らしいお目々に悩殺された人も多いのでは? 千秋楽まで無事に演じ上げたのも立派でしたね。

 

眞秀ちゃんだけではありません。

今年になって、襲名披露やお披露目をした子どもたち。

5月には、眞秀ちゃんだけではなく、坂東亀三郎くんが襲名披露しましたし、2月には、勘九郎長男次男が、ハラハラ見守る勘九郎の視線をものともせず、勘太郎、長三郎を襲名しました。

 

眞秀くん4歳。亀三郎くん4歳。勘太郎くん5歳。長三郎くん3歳。(襲名時)

きちんと芝居をしている!ご挨拶も! 

しかも25日間一日も休まず!←むしろここがすごい。

 

すごいですねえ。襲名披露なんて観てしまったら、「おばちゃん、一生応援するよ!」と身を乗り出して誓っちゃう。それほど健気でいじらしく、りりしく立派なんです。

もちろんあたしはこの4人全員応援しますよ!

 

でも、まだほんの幼児じゃないですか?なんであんなにきちんと立派にやり遂せるんでしょうね。

……という記事をシトラスで書きました。読んでくださいね♪

 

幼児なのになぜ!? 歌舞伎俳優の子どもたちが舞台を立派に全うできるワケ | citrus(シトラス)